マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

安全なお尻ふきとは?水と脱脂綿だけでつくられたコットンなら安心して使えます。

おしりふき


赤ちゃんが生まれて、必ず用意するものリストにおむつやお尻ふきがあります。

おむつも紙にするのか、布にするのか、それとも、なしでいくのかなどと色々な方法ありますが、実はお尻ふきにも選択肢があります。

選択肢は、お尻ふき、清浄綿、ぬれコットンの3つ

ドラッグストアやスーパーに行っても、見かけるのはお尻ふきだけで、それ以外の選択肢があることを知っている人は少ないと思います。

私は最初の頃、この3つとも違う方法で拭いていました。

それは、”いらなくなった布を小さく切って、お茶やお水に浸して、キュッと絞って拭く“という方法でした。

息子は気持ち良さそうだったけど、この布をまた洗って干してで仕事が増えることと、パッと拭きたいときに、水を用意して・・・というプロセスがだんだんと面倒に感じてきたので、少しずつ別の方法に移行していきました。

特にお出かけのときは、水を含ませた布を入れたタッパーから水が漏れていたり・・・ということもあったので、市販のお尻ふきを使っていたこともありました。

でも、お尻ふきの臭いがイヤだったし、薄くて拭きにくくて、毎回大量のゴミがでるのも気になっていました。

そんなときに思いついたのが、清浄綿をお尻ふきにすることでした。

まず、普通のお尻ふきとは何か、復習してみましょう。

日本で売られているお尻ふきは、たくさんの種類がありますが、ほとんどは大差ありません。

薄手の不織布に水分を含ませたもので、水が99%!とうたってはいますが、残りの1%に様々な添加物が含まれています。

例えば、有名なピジョンのお尻ふき ピジョン おしりナップ こすらずつるんっ (乳液タイプ) だとこんな感じです。

ピジョン おしりナップ こすらずつるんっ (乳液タイプ) ボックス 66枚入

成分:水、BG、ミネラルオイル、ホホバ種子油、炭酸ジカプリリル、セテアレス‐20、PEG-40水添ヒマシ油、オレイン酸グリセリル、フェノキシエタノール、セチルピリジニウムクロリド、ベンザルコニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、トコフェロール

読んでもなんだか想像できないものが、たくさん入っていますね。

何の為に入っているのでしょう?

防腐剤や保湿目的に入っているものがほとんどです。

お尻ふきは室内の快適な環境にあることが多く、汚れた手で出し入れすることも多いので、雑菌が繁殖しやすいです。

また、50枚以上!などとたくさんのお尻ふきが入っているということは、その回数分だけ出し入れ・袋を開封するわけです。

ただ、水で濡らしたものを入れただけならば、どんどん乾燥してきますよね。

だから、簡単に乾燥してしまわないように、添加物を加える必要があるのです。

軽くて、持ち運びがしやすい上に、安くてたくさん使えるお尻ふきの裏には、添加物が隠れているということを知りましょう。

上で例に出した製品には含まれていませんが、以前はお尻ふきに含まれた防腐剤のパラペンが原因でお尻ふきになっているという赤ちゃんも多かったそうです。

お尻が荒れているからと拭けば拭くほど、悪化したら・・・悲しすぎます。

では、添加物をできるだけ減らしたいと思ったら、どうするといいのでしょう?

清浄綿とぬれコットンは、どちらも個別包装

病院で渡されるお産セットや、準備リストによく書かれている清浄綿ですが、これはどんなものだか知っていますか?

清浄綿とは、医療用の脱脂綿に、ごく低濃度の消毒液をしみこませ、フィルムで個別包装し、さらに滅菌したものです。

私はずーっとこれを使っていました。

何を勘違いしたのか、清浄綿とは水100%だと思ってたんです。

だけど、改めて調べ直したら、清浄綿には消毒液が含まれているもので、実際にこの商品もメーカーのHPには明記されていませんが、グルコン酸クロルヘキシジン0.02%溶液含有と書いてあるサイトがありました。

あぁ、残念な私。

でも、特に変な臭いもしないし、お尻がかぶれたりもなかったので、ひとまず結果オーライで。笑

ちなみに、薬事法で、清浄綿とぬれコットンはこう定義されています。

清浄綿:医薬部外品

ぬれコットン:化粧品

清浄綿は少々の消毒力があり、ぬれコットンには消毒力はありません。

だから、目的に応じて、清浄綿を使うことは間違ってはいないのです。

ただし、赤ちゃんのお尻を拭くたびに消毒をする必要はありますか??

ぬれコットンは、水だけ

清浄綿は水だけではないと気がついた私は、改めて、何で息子(第4子)のお尻を拭くべきか迷いました。

おしりふき

そこで出会ったのが、大衛 アメジストマタニティ ママとベビーの水だけぬれコットン 100包入 です。

表示されてないだけで、何か入ってるんじゃないかと心配になったので、問い合わせてみました。

お客様相談窓口の方から、丁寧にメールがきました。

Q. 大衛 アメジストマタニティ ママとベビーの水だけぬれコットン100包入
水だけとありますが、それ以外に含まれているものは一切ないのでしょうか?
少量でも含まれているものがあるようでしたら、教えていただけますと幸いです。

A.水と脱脂綿だけのみです。
その他の物質は使用しておりません。

回答はシンプルですけどね、前後の文章を含めて、丁寧という意味です。

男の子だし、おまるでおしっこも多いので、うんちの時くらいしか使いませんが、個包装だからお出かけ時も軽いし、便利ですよ♩

安心安全なお尻ふきを探している方は、ぜひ一度お試しを!

あ、そうそう。

授乳のたびに乳首を拭くという方がいるかもしれませんが、よっぽどのことがない限り、拭く必要はありません。

ただ、母乳が出過ぎて、乳首周りが蒸れて雑菌が・・・というときは、拭いた方が安心かもしれませんね。

オーガニックコットンの母乳パッドなどもありますので、これも紙製ではなく、布製のものがオススメです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします