マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

こどもとのおでかけはしっかり準備!でイライラ知らず。


こどもとおでかけ、イライラしたくないのに、イライラすることが多いですよね・・・

ベビーカーのお出かけは、行く先々のバリアフリーが気になります。

新宿の伊勢丹に行きたいけど、駅にエレベーターはあるかな?

改札を出たあと、どのルートで行ったら、スムーズに着けるかな?

スムーズに着けないなら、面倒だから行きたくない・・・

小さな駅に、空いている時間帯に行くならば、まだいいでしょう。

思い切って、駅員さんに聞けば、たぶん解決するから。

でも、新宿や渋谷のように、もの凄く大きくて、せかせかした時間が流れている駅に行くときは、しっかり準備ができていないと、着いた瞬間に帰りたくなります。

ベビーカーだと、駅員さんのところまでも一苦労

駅員さんもたくさんの人の対応で余裕がないし、ベビーカー連れでは、そもそも混んでいれば駅員さんにすら辿り着けない。

エレベーターをみつけて昇ってみても、その先には階段しかなかったり、エスカレーターはあるけど、片方しかなくて使えなかったり。

ベビーカーを押して、ひたすらにうろうろ。

泣きたくなります。

世間においていかれているような気持ちになることだって、あります。

だから、しっかりエレベーターの場所、外まで出るためのルートを調べておきたい。

トイレや授乳室の場所だって知っておきたい。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」と知ってはいても、人ごみの真ん中で、泣いている子を抱っこしながらベビーカーを押すのは、マイペースな私でも、なかなか堂々と・・・とはいかないです。

「大変ね。頑張って」という優しい視線もあるけれど、「こんなところでうるさいな。迷惑だよ」という視線だってある。

そんなときでも、トイレや授乳室を知っていれば、気持ちが少しは楽。

焦ると思考が止まっちゃう!!

視線のムシロのような状態でおろおろと探していると、気持ちに余裕がなくなるからこどもはもっと泣くし、普段だったらすぐにみつかるものもみつからない。

だから、少しずつだし、私が行った場所だけだけど、駅のバリアフリー情報(エレベーターやトイレ)や授乳室についても、シェアできればと思っています。

変化にアップデートが追いつかないこともあるかもしれないけれど、ひとりでも多くのママの笑顔につながると嬉しいな。

では、今日もベビーと、楽しいおでかけを!
 
 

こどもとおでかけ情報はここから!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします