マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

赤ちゃんが舐めても安心。クエン酸と重曹でトイレ掃除


界面活性剤が入った合成洗剤はもう長いこと使っていませんが、ナチュラルクリーニングにはさほど詳しくありませんでした。

なんとなくこうだろう、で今まではやってきましたが、応用がきくように、仕組みを理解することで再スタートを切ってみようと思います。

ナチュラルクリーニング。手始めはトイレから。

再スタートはどこの掃除から始めよう。
そんな時に、おまる生活の準備のためにこもったトイレ。

便座の中に顔が入ってしまうのではないかと思うほどに、便器に顔を近づけたら、まずはここから!とすぐに心が固まりました。日常使いは大丈夫でも、便座近くまで顔を寄せても平気!では、ありません。

汚れの仕組みの詳細、各場所ごとの掃除の仕方の一覧は、後日改めてアップしていきます。

トイレの汚れの主成分は、アルカリ性

まずナチュラルクリーニングの手始めに知るべきなのは、トイレの汚れの主成分である、尿と水の成分です。尿と水の主成分は、いずれもアルカリ性です。

尿の汚れは明らかにイメージできるでしょう。イメージしにくいのは、水です。

水の汚れ=カルキは、頑固。

水に含まれるカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラル分は、乾くと白いこびりつき、カルキと呼ばれる蓄積した汚れになっていきます。

カルキ汚れはついた直後に拭き取れば、さっと綺麗になるのですが、時間の経過とともに少しずつこびりつき、気がついたときには頑固な汚れになっています。

できるならば毎日少しずつがベスト。

だからこそ本当は、毎日の掃除がトータルで一番楽。頑固な汚れになってから取る方が、ずっと大変です。まずは思いついたときに。少しずつ頻度を高くして、毎日1回ずつできるようになっていくといいですね。

小さな男の子がいるお家などでは、尿の飛沫が蓄積しやすいです。できるなら、自分がトイレに入る度にできると、より良いですよね。

実際に、トイレに入ったら、その度にさっと掃除をするという素晴らしい方も、時々いらっしゃいます。
が、私は・・・できるようになりたいですね・・・

トイレの汚れを中和して落とすには、クエン酸がいい。

ナチュラルクリーニングにおいて、汚れは中和しておとす、が基本です。

酸性汚れの掃除には、クエン酸。

トイレの主な汚れはアルカリ性なので、酸性のものを使って掃除します。

クエン酸小さじ1を水1カップ(200ml)にとかして作ったクエン酸水を、霧吹きに入れておきましょう。

こんな場所にクエン酸水を吹きかけよう。

トイレの便座・ふたの表裏・便器の縁・床に、シュッシュして、トイレットペーパーでさっと拭いておきます。

意外と忘れがちで、汚れがちなのが、便器の足部分。尿が垂れて、筋状に汚れていたりします。ここも忘れずに。

シャワートイレのビデ部分も、水の汚れが溜まりやすいところです。時々はクエン酸水をシュッとして、トイレットペーパーで拭いておきます。

便器内はブラシでこするだけでもOKですが、汚れが気になるところがあれば、重曹をふりかけてこすってから、クエン酸水をシュッとしておくと、より綺麗になります。掃除の間隔があいたときは、この作業も追加しておくといいかもしれませんね。

重曹はふりかけ容器などに入れて、クエン酸水の霧吹きと一緒においておくと便利です。

重曹も併用して、もっと綺麗に!

重曹は匂いを吸着しますので、瓶などに入れて、空気に触れるようにおいておくと、少しずつですが匂いを吸着してくれます。

芳香剤=匂いがなくなるわけではない!

一般的な芳香剤は、匂いをマスキングしています。マスキングとは、嫌な匂いにかぶせるように、別の匂いをつけること。

一時的に匂いが気にならなくなるものの、元の匂いがなくなる訳ではありません。

重曹=匂いを吸着して、少しずつ匂いを消す。

それに対して重曹は、匂いの成分を吸着します。吸着することで匂い成分を減らしていくので、少しずつ少しずつですが匂いがおさまります。

ただし、匂いがなくなるまでは、どうしても時間がかかります。

気になる匂いは、ナチュラルクリーニングで元から絶つ!に、切り替えていきましょう。

スメルハラスメントにも気をつけて!

私は昔からとても鼻が利くので、芳香剤を始めとした化学的な匂いが苦手です。
となりの家の洗濯物が干されたのが、窓を開けているとすぐにわかるほど。

香害(スメルハラスメント)はまだまだ一般的ではないですが、場所や状況によって、もう少し考慮されてもいいのにな、と思います。

香害(スメルハラスメント)については、また改めて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします