【ぐるっとパス2019】戸栗美術館は、日本でも数少ない陶磁器専門の美術館

「ぐるっとパス」で渋谷の戸栗美術館へ

母ちゃん

こんにちは!5児母のクレイジー母ちゃん@muji_seikatsuです。

陶磁器専門の美術館に子連れはちょっと危険!?

と思ったので、「ぐるっとパス」の1人旅をまたまたやってきました。

戸栗美術館は渋谷区立松濤美術館とも徒歩圏なので、ぐるっとパスを使った渋谷の美術館巡りの候補におすすめです♪

戸栗美術館は、日本でも数少ない陶磁器専門の美術館

「ぐるっとパス」で渋谷の戸栗美術館へ

戸栗美術館は、実業家の戸栗亨が蒐集した東洋陶磁器を主に保存・展示している日本でも数少ない陶磁器専門の美術館です。

戸栗美術館を設立するにあたっては、戸栗亨が1500点の美術工芸品、土地(松濤の旧鍋島藩屋敷跡)、建物、運営資金の寄付をしました。

その後も美術品の収集は続けられ、2000年時点で5000点、2008年時点で7000点と増え続けているそうです。

母ちゃん

実業家の方のやることってすごいですね!

現在開催中の展覧会

定期的に展示替えをしている美術館で、現在開催中の展覧会情報はこちらから確認することができます。

私が訪問したときは、『青のある暮らし展』が開催中でした。

青のある暮らし展 戸栗美術館

青のある暮らし展 戸栗美術館

定期的に展示解説イベントもしています

各展覧会期間中に、学芸員の方による展示解説を行なっています。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

母ちゃん

ご予約は不要なので、この時間に合わせて美術館に行くだけでOKです!

陶磁器が好きな方には年間会員制度も

戸栗美術館には、年間会員制度「アートサークル」があります。

陶磁器鑑賞をより楽しんでもらえるような様々な特典もあるそうです。

年会費 5,000円(税込) (発行から1年間有効)

アートサークルの特典はこちらからご確認ください。

戸栗美術館の概要をざっくり解説!

「ぐるっとパス」で渋谷の戸栗美術館へ

古くに建てられた建物をそのまま使っている私立美術館なので、バリアフリーなどの対応は残念ながら遅れています。

そのため、専用駐車場・駐輪場、エレベーター・スロープはありません。

また、おむつ替えの台などもありません。

ただし、コイン返却式のコインロッカーはあります。

渋谷の戸栗美術館のコインロッカー

コイン返却式のコインロッカー

無料のドリンクコーナー

これは珍しい!戸栗美術館には、無料のドリンクコーナーがありました。

戸栗美術館はフリードリンクのサービスがある

フリードリンクはお茶やコーヒーがあります

お庭の景色を眺めながら、ゆっくりと休憩できるスペース(ラウンジ)に設置されています。

戸栗美術館ラウンジ

戸栗美術館:施設概要

住所:東京都渋谷区松濤1-11-3
電話:03-3465-0070

開館時間:10時~17時
毎週金曜は午後8時まで開館(

休館日:毎週月曜日、展示替え期間、年末年始
(ただし月祝の場合開館、翌日休館)
毎月第4月曜はフリートークデーとして開館

アクセス

・交通渋谷駅ハチ公口より徒歩15分
・京王井の頭線神泉駅北口より徒歩10分

入館料→「ぐるっとパス」で無料です♪

戸栗美術館の入館料

大人:1,000円
高大生:700円
小中生:400円

シニア及び身体等に障がいのある方向けの割引制度はありません。

母ちゃん

割引券はこちらから手に入れられますが、入館料が1000円と割と高めなので、「ぐるっとパス2019」を活用して、無料で入館するのがおすすめです!
【東京・ミュージアム ぐるっとパス2019】購入場所や使い方は?
【東京・ミュージアム ぐるっとパス2019】購入場所できる場所は?お得に買える方法は?

近くには渋谷区立松濤美術館もあります

渋谷の戸栗美術館と松濤美術館は近い

戸栗美術館のすぐ近くには、渋谷区立松濤美術館やアトリエトム、Bunkamuraなどの文化施設がたくさんあります。

【ぐるっとパス2019】渋谷区立松濤美術館で、古き良き建物や雰囲気を感じよう!

母ちゃん

渋谷区立松濤美術館も「ぐるっとパス2019」で無料入館できるので、併せての訪問がおすすめですよ!
ぐるっとパス
【まとめ】「ぐるっとパス2019」が使える施設のレビューを集めました!
【東京・ミュージアム ぐるっとパス2019】購入場所や使い方は?
【東京・ミュージアム ぐるっとパス2019】購入場所できる場所は?お得に買える方法は?
上野動物園のライオン
【ぐるっとパス2019】子連れにオススメな施設5選