マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

おもちゃの使い方は教えるべき?子どもが楽しく遊ぶために親ができるたった1つのこと

靴下を手にはめて、ビー玉と戯れる息子


母ちゃん

5児の母ちゃんのたかなです。

クーヨンを読んでいたら、親子の距離感で子どもがおもちゃで遊び続ける時間が違う という実験結果が載っていました。

3つのパターンのうち、あなたはどれに当てはまりますか?

おもちゃの与え方

おもちゃの与え方ひとつみても、大きく2種類のひとがいます。

・ただおもちゃを買い与えて終わるひと

・熱心にそのおもちゃの使い方を教え込むひと

あなたはどちらでしたか?

母ちゃん

どちらがいい、悪いはありません。

ただ、「子どもに使い方を教えてあげなきゃ!!」 と思っているようであれば、その必要はないですよ。

自分が楽しむ、自分が遊ぶ

私はおもちゃの使い方は自由だと思っているので、どちらかというと買い与えて終わる派

母ちゃん

でもそもそも、私がいいと思って買ったおもちゃであれば、子どもより実は私が気になってるので、子ども以上に私が楽しく遊んじゃうですよね。笑

「こうするんだよー」

じゃなくて

「こうなんだー!!!」「おもしろい〜!!!!」

って私が遊んでると

子どもが私からおもちゃを奪って遊び始めます。

これって面白そう!

子どもにとって大切なのは、おもちゃの遊び方よりも、

「このおもちゃで遊ぶのが楽しそう!」

「これなんだろう?」

「これってどうするんだろう?」

と、おもちゃに対する興味が湧くかどうかだけ

だから、「おやつだよー!」って呼んだら、一瞬で興味を失うことも。笑

それでも夢中で遊び続けられる日だってあるし、一つのものに対する興味のムラは小さければ小さいほど大きいです。

母ちゃん

「お店ではあんなに楽しそうに遊んでたのに、家に帰ってきたら全く興味も示さない・・・」

なんてママの残念がる声も聞きますが、お店ではそのおもちゃが魅力的に見えたというだけ

またきっかけがあれば、そのおもちゃにも興味を示すようになるので安心してください。

私もなんどもそう嘆いたことか・・・

おもちゃで遊び続ける時間を観察

3組の親子に同じ部屋に入ってもらい、子どもたちがおもちゃでどれくらい遊び続けるかを観察した実験がありました。

この時に着目したのは、子どもではなくて親の方。

3パターンのひとがいました。

①口でわが子に指図するひと

②近づいてあそび方を指導するひと

③少し離れたところで笑顔を向けたり、目を合わせたりするだけのひと

さぁ、あなたはどのママですか?

支援センターなどでみていると、幼い子のママだと特に②の「いつも側で遊び方を教えているひと」が多いです。

教えても教えても子どもがすぐに子どもが飽きて、どこかへ行きたがるので残念そう。

母ちゃん

子どもの興味ポイントって、大人からは全然わからないんですよね。

「え!?そこ!!??」

ってところや、ものに異常に執着することもしばしばです。

一番長く子どもが遊び続けたのは?

そうそう、観察の結果でした。

③のお母さんの子が、結果的にはいちばん長くあそび続けました。

予想通りでしたか?

意外でしたか??

ちょっと離れてるくらいがちょうどいい

もちろん年齢にもよるし、状況にもよりますが、安全な環境であれば、

適切な距離感で、親が見守ってくれているの距離感が子どもにとっては一番心地いいもの。

これは0才児であっても5才児であっても変わりません。

母ちゃん

私だって大人だけど、誰かに干渉されて正しいやり方を教え込まれるより、上司が見守ってくれる中で自分で試行錯誤する方が楽しいです。

子どもだって、同じです。

おもちゃはなんのためにある?

「なにが正しい」、「なにが間違っている」

そんな世の中のルールやマナーを教え込むためのものではなく、子どもの自由な発想を広げ、新たな体験をするためにあるのがおもちゃです。

子どもに必要なのは、たくさんのおもちゃではありません。

興味が湧く何か

安心して遊び続けられる環境

これはおもちゃである必要すらありません。

でもこの2つさえあれば、子どもはずっと楽しく遊び続けています。

これだと何かをしながら見守れるので、ママもと〜っても楽に育児ができますよ。

参考にしたひと:辻井正

辻井正(つじいただし)さんは、「ピラミッドメソッド国際教師」の資格授与者として、オランダ政府教育機関より公認されている社会学博士。朝日ベビー相談の発達障害児のカウンセラーも務めていた。2017年永眠。

ピラミッドメソッド幼児教育法

辻井正氏の著書

参考図書

 

 

こちらも合わせてよみたい

エルゴでどこでも”抱っこ紐授乳”のやり方
エルゴでどこでも”抱っこ紐授乳”のやり方/これで授乳室探しともお別れ
アフタヌーンティーといえば、パークハイアット東京
子連れのアフタヌーンティーならパークハイアットがおすすめ。赤ちゃん連れでも楽しめる新宿の穴場スポット
シロカのかまどさん電気 sr-e111 口コミ・レビュー
シロカの「かまどさん電気」を徹底的レビュー。これこそ本物の”土鍋”電気炊飯器。
肌に優しい日焼け止め(オーガニック、赤ちゃん)
日焼け止め。赤ちゃんから使える肌に優しいおすすめを3つ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします