マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

ぐるぐるかきまぜて、保温するだけ!応用も簡単!ホームベーカリーの保温機能を使えば、たったの1ステップで作れる豆乳ヨーグルト。

マルサンアイの豆乳グルト。プレーンタイプ。最初はなんだこれ!って思ったけれど、慣れてきたらこういうものとして美味しく感じられるように。nicoは今でもダメだけど。


ヨーグルトは好きだけど、乳製品だから食べられない。

あるいは、乳製品はからだのために減らしている。

そんな方に朗報!

豆乳ヨーグルトは、使い道が多い

牛乳ではなく、豆乳から作られたヨーグルトがあります。

豆乳を牛乳の代わりとして、ゴクゴク飲む方やこどもに飲ませる方がおられますが、豆乳だって豆ですから、からだを冷やします。

ヨーグルトだって冷やしますけど、飲むよりも少ない量で満足できますし、水分を切ってチーズ風にしたり、スープのとろみやコクだしに追加したりと、応用の幅が広いです。

まずはシンプルに、できたてを楽しみ、慣れてきたら増やしつつ、様々な料理に展開していきましょう。

最初だけは、市販品の購入をオススメします。

簡単に、失敗なく作りたい場合は、一度だけ豆乳ヨーグルトの購入をオススメします。

マルサンアイの豆乳グルト。プレーンタイプ。最初はなんだこれ!って思ったけれど、慣れてきたらこういうものとして美味しく感じられるように。nicoは今でもダメだけど。

マルサンアイの豆乳グルト。プレーンタイプ。最初はなんだこれ!って思ったけれど、慣れてきたらこういうものとして美味しく感じられるように。nicoは今でもダメだけど。

豆乳と玄米や米ぬかなどの乳酸菌から発酵させて、ヨーグルトにする方法もありますが、市販品をタネにした方が安定して作り続けられます。

豆乳ヨーグルトと豆乳は同じメーカーのもので揃えられますので、そういった意味でも、混じりっけの少ない、シンプルな豆乳ヨーグルトを作ることができるレシピです。

次回からは、このヨーグルトをタネに、どんどん作り続けられますよ!

買うのは、たった一度だけ!!!

材料はふたつだけ!

<材料>

豆乳ヨーグルト 大さじ2

無調整豆乳 2カップ前後

作り方はたったの1ステップ

混ぜて保温するだけ。

①豆乳ヨーグルトを購入する。

色々な乳酸菌がありますが、豆乳グルトが手に入りやすい上に、同じメーカーの豆乳で作れるのでオススメ。

次回からは、できたものがタネになりますので、買うのは一回だけ!

②殺菌した容器に豆乳とヨーグルトを入れ、よく混ぜます。

④6〜9時間、40度くらいで保温したらできあがり。

あれ、もうできちゃいました!笑

本当に簡単ですよね。

よくある質問1。豆乳はどれがいい!?

無調整豆乳も結構種類がありますよね?

私は豆乳グルトも販売している、マルサンアイの豆乳で作るのが好きです。

実は、この下の写真の無調製豆乳もマルサンアイものです。OEM(original equipment manufacturer)といって、他のブランドの名前で販売する商品もの。他のパッケージでも、同じ商品あるかもしれません。

style-oneの無調製豆乳だけど、実はマルサンアイのOEM。

2016-03-03 15.49.58

style-oneの無調製豆乳だけど、実はマルサンアイのOEM。

style-oneの無調製豆乳だけど、実はマルサンアイのOEM。

OEMの場合は、製造者のところにマルサンアイと記されています。

よくある質問2。保温はどうする?

私はホームベーカリーの保温機能を使ってます。

パンだけじゃなくて手づくりパスタや、餅もジャム、ヨーグルトまで作れるとは!超便利!

ヨーグルトの専用メーカーもあります。

よくある質問3。豆乳グルトがスーパーにないよ!

豆乳と違って消費期限が短いので、お友達と一緒に・・・がオススメです。

乳製品が混じっても良ければ、ヨーグルトの素を買って保温するのもいいと思います。

最近はこの素以外にも、豆乳ヨーグルトの素のようなものが出てきているようです。

よく読まないと、どうかわからないので、ひとまずは紹介は避けておきます。

今度、じっくり読んで、またシェアしますね!

最後に気をつけて!

保温して発酵させている間は、雑菌も繁殖しやすいい状態です。

使用する容器などは、熱湯でしっかりと殺菌してくださいね!

——-

安心安全や食材に興味のある方に、人気の記事はこちら!

すずきかなの色んな食材試してみた!本当に安心安全? 美味しいの!?

成城石井に行ってみた!

成城石井の有機ミューズリーのマクロビクッキーを買ってみた!

美味しいお茶を求めて三千里!

くらしにこだわりたい方に人気の記事はこちら!

柳宗理の台所道具

台所しごと暦

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします