マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

私が成城石井を好きなのは、善し悪しを決めつけないから。

成城石井


先日読んだ『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』という本をきっかけに、私は成城石井に興味がわき、時々足を運ぶようになりました。

成城石井は高い!?

タイトルでは”安くない”のにとありますが、成城石井の商品は決して高い訳ではありません。

正確には、紀伊国屋などの高級スーパーと呼ばれるスーパーとは異なり、”質が良い代わりに、価格も少し高めなことが多い”商品を取り揃えています。

※成城石井とKINOKUNIYA。あなたはどっちが好き?

成城石井

新宿高島屋KINOKUNIYAスーパー

「高級スーパーだって、質が良くて、価格も高いものが多いのでは?」

と思われるかもしれませんが、実際には少々違います。

日常的に買い物をしていると気がつく、高級スーパーの単なる高さ。

私は日常的に、新宿高島屋の地下に入っている紀伊国屋で買い物をすることが多いです。

近いから、多少高くても仕方がないと思って買うのですが、時々、少し離れたスーパーに足を伸ばすと、同じ商品が、50円も100円も、時には数百円も安く売っているのを目にします。

高級スーパーあるある事件

それらは似た商品というのではなく、全く同じ商品です。

同じ商品が、高級スーパーでは、高く売られている。
というのが、まぎれもない事実です。

もちろん通常のスーパーにはない品質の良い商品もたくさん扱っているのですが、残念なことに、”少しでも食の安全にこだわりのある人”であれば、躊躇するような商品も少なくないのです。

高いもの=良いもの、じゃないんですよね・・・

成城石井の商品は、こだわって選び抜かれているから、高価格帯ではある。

反対に成城石井では(駅近の店だからかもしれませんが)、特別に安いものをみたことはありませんが、通常の小売店よりも同じ商品が特に高いことはなく、同じ商品であれば安心して購入できます。

添加物だらけと安心素材のふたつの缶詰。どっちが高い?

商品のラインナップも、マクロビオティックやビーガンなどを極めようとしている人からみると、「成城石井は中途半端」と言われることもありますが、大きな枠でみたときに、「本当に自分の家族やこどもに食べさせたい」と思える商品だけを選ぼうとしている姿勢を感じます。

だから、私の考える高い・安いの定義は、そのものの品質に対する価値に見合っているか否かなので、その基準に照らしてみると、成城石井の商品は決して高いものは多くないと思えるわけです。

価値判断を求めない。しかし、選択に合わせられる存在でありたい。

『他の考え方を否定するのではなく、こだわりたい人たちが安心して選べる場所でありたい。』と考える成城石井が私は好き。

考え方はいくつあってもいいと思っています。例えば、ひな祭りだから、ちらし寿司は華やかなピンク色が使われているほうがいい、と考える人もいらっしゃる。一方で、不自然なピンク色がひな祭りの食材の中に入ってくることがハッピーなのか、と考える人もいる。自分の子どもに食べさせるなら、少しピンクが黒ずんでもいいから、天然の着色料のほうがいい、と。

この他人の考えは否定しないけれど、でも、僕たちはこだわりたいという姿勢が好きなんです。

今は転換期。華やかさから安全へと、求めるものが変化している。

私たちは高度経済成長期まっただ中に、青春・子育て期を過ごした親を持つ世代です。

その私たちが今、親となり、次の世代を育てるタイミングになりました。

親の世代は、どんどんと便利なもの、華やかなものが出てきたことで、生活が豊かになったように感じた世代です。

彼らの親(私たちの祖父母)のような辛い時代とは違い、生活を豊かにしたり、人生を楽しむという選択肢を得ようと、一生懸命に努力してきてくれました。

でも、それも限界に達したのが現在です。

時代が成城石井に追いついてきた。

効率が悪く、面倒なことばかりやってきた。大量生産品を売るのではなく、少量多品種にこだわってきた。きっとこういうものを求めている顧客がいるに違いない、と尖った品揃えをした。効率良く儲けようとするのではなく、不器用に、愚直に、とにかくひたすら顧客が求めているものに向かってきた・・・。

本当においしいものをお客様に届けたい、という成城石井の気持ちを、私たちが理解できる時代になったと言ってもいいでしょう。

マクロビオティック的には、日常使いしたくないものもある。だけど、使いたいものもまた、たくさんある!

先ほども書いたように、マクロビオティックやビーガンなどを極めようとしている人からみると、「成城石井は中途半端」と言われることもあります。

確かに、私たちは動物性のものや砂糖などの、極端なエネルギーを持つ食材は、基本的に避ける傾向があります。

でも、食べちゃダメなわけではないし、それこそ1年に1回だけ、クリスマスの日は添加物たっぷりでも、華やかなパーティをして楽しむ!のだって、いいんです。

だって、世の中と調和して、自分の周りの環境と調和して、心とからだが本当に楽にいられるように調えることが、マクロビオティックの基本だから。

添加物を避けることで、肉や魚を避けることで、毎日が楽しくなくて、心がふさいでしまうくらいだったら、少しくらい食べたらいいんだし。

ただ、からだに負担がかかることは確かだから、それをどうするか。

それはあなたに課せられた課題だから、別の形で調える方法を考えよう。

それでいいじゃない?

私の伝える心からはじめるココロビオティックでは、気がついたらそう思えるようになっているをコンセプトにやっています。だから、講座を聞いた人はみーんな笑顔になれるんです。

いいね!と思う、成城石井の食材たちを時々紹介していきます。

今後、成城石井に限りませんが、私が「いいね!」と思う食材を紹介していきたいと思います。

お店によってラインナップも違うし、状況に応じて取り扱いがなくなることもあるだろうけれど、食材を買う目安としてもご活用ください。

オススメの食材のラインナップはこちら

成城石井の商品ラインナップはこちら

随時アップしていきますので、フィード登録して、時々チェックしてね!

最後に、もっと成城石井のこだわりを知りたいと思った方は、この本を読むといいよ!

成城に住み、駅前にある成城石井の存在を知りながらも、こだわりは全く知らなかったという著者による驚きに同化しながら読むと、より感動できます。笑

——-

安心安全や食材に興味のある方に、人気の記事はこちら!

すずきかなの色んな食材試してみた!本当に安心安全? 美味しいの!?

成城石井に行ってみた!

成城石井の有機ミューズリーのマクロビクッキーを買ってみた!

美味しいお茶を求めて三千里!

乳製品・大豆・グルテンフリーのアイスクリームも!ココナッツオイルで有名なBROWN SUGAR 1ST.の初路面店が原宿・神宮前にopen!

くらしにこだわりたい方に人気の記事はこちら!

柳宗理の台所道具

台所しごと暦

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします