【レビュー】京橋の警察博物館は幼児から外国人まで楽しめる休日の穴場スポット

母ちゃん

こんにちは!5児母のクレイジー母ちゃん@muji_seikatsuです。

1歳児から小学6年生までが揃うと、行く場所に本当に悩みます。

頭をひねってひねって・・・今回は京橋にある警察博物館に3人の子連れで行ってきました!

サクッと見て、すぐに飽きちゃうしょぼい内容かなと(勝手ながら)思ってたのですが、実際に行ってみると、展示の内容や体験型の設備も本格的で、3歳児も小学生も大人もかなり楽しめました!

我が家は3時間くらい滞在して、近くでランチして帰ったんですが、このコースはオススメです!

京橋の警察博物館は幼児から外国人まで楽しめる休日の穴場スポット

お盆の真っ最中である山の日に行ったので、さすがに混んでるかと思いきや、警察博物館はガラガラではないものの適度な混雑具合で、ワイワイした雰囲気でした。

体験型の施設も並ぶものの長い列ではなく、タイミングによっては並ばなくても使えるものが多くありました。

小さな子向けのスペースがあったり、小・中学生向けの体験型の施設があったり、大人でもじっくり読める展示物があったり、幅広い年代をターゲットに作られた施設で、もっと小さい子向けの施設だと思っていたので、想像とは異なり正直驚きました。

母ちゃん

調べてみたら、2年前(2017年4月29日)にリニューアルオープンしたんだそうです! イメージは以前の施設についての知識だったんですね。笑

新しい施設はイメージを一新する、いい施設です!!

警察博物館は、6階まである細長いビルです

それぞれのフロアはそこまで大きくないですが、6階建てのビルなので結構な広さになります。各階ごとにテーマがあり、上になればなるほど大人向けという印象でした。

1階:白バイやヘリコプターに乗ろう!

1階の前面には、交番の入り口模型と本物のパトカーが飾ってあります。

入り口奥には、白バイやヘリコプターがあり、

子どもだけではなく、大人もつい調子にのって・・・な風景がちらほら見受けられました。

白バイに乗ると、なぜか大人も皆、調子に乗りたくなるようです。笑

また、1階では、子ども向けに警察官か白バイの人になれる制服の貸し出しを行なっています。

100センチ、120センチ、140センチのサイズで、それぞれ警察官と白バイの男女の制服が1着ずつあります。

100センチの男の子の警察官が大人気で、タイミングが悪いとかなり待つことになるかもしれません。

1人あたり10分間と体験時間も長いので、1階で自由にしていいとはいえ、待ち時間は長く感じました。

母ちゃん

しかも、実際に呼ばれて言ってみたら、首に巻くタイプのシャツもどきが暑苦しかったのか「着たくない!」と3歳児にぐずられて、体験終了でした。泣

制服をきたままパトカーには乗車できませんが、警察官になった子どもたちがパトカーの前で敬礼をして写真撮影をしている様子がとても微笑ましかったです。

いや、羨ましかったです。笑

2階:防犯について学ぼう!

2階は防災について学ぶフロアで、1階から見えるヘリから降りる警察官が身近に見えます。

下からみると、こんな感じ。

防災といっても内容は幅広く、自転車の正しい乗り方を練習するシミュレーターや

身近な防災(たとえば、空き巣)などについて学ぶ展示などです。

タッチパネル式の体験型の展示がたくさんあり、クイズ感覚で楽しめるものがたくさんです。

母ちゃん

10年、20年後も同じだとつまらなく感じそうだけど、数年間は最新情報として楽しめそうな内容です。

3階:事件を解決する体験をしよう!

3階は警察官になったつもりで、事件を解決する練習ができるフロアです。

交番体験ができる日もあるらしいです。

小学生が楽しそうにやっていたのは、指紋採取の体験。

実際にはこんな風にやっているらしいです。

3階にはキッズコーナーもあり

授乳室がある他

小さな子向けのビデオが流れていたり

着せ替え式の顔ハメ写真のパネルまでありました。

母ちゃん

3歳児はビデオにかじりつき、小学生は様々な体験に夢中になってました。子ども向けには3階が一番充実してるかな。

4階:シアターで映像をみよう!

4階のメインはシアターです。

いくつかの動画が定期的に流れているのですが、一つ一つの動画のクオリティが高く、英語の字幕も出ており・・・と満足度が高いので、1つのビデオが終わってもみんななかなか動きません。笑

手前には、展示もありました。

5階:警視庁の歴史を知ろう!

5階の展示内容はちょっとマニアックなので、子どもはあっという間に飽きてしまいました。

殉職者の顔写真一覧がある他、

警視庁の創始者である川路大警視の軌跡などが大半を占めます。

母ちゃん

完全に警察好きの大人向けのフロアですね。

上の階であることもあり、閑散としていました。

6階:イベントホール

6階のイベントホールでは、GWと夏休みに警視庁の活動を紹介する様々なイベントが開催されています。

2019年の夏休みイベントは、ピーポくんフェスタ2019

イベント情報は、警視庁の公式HPに掲載されてます。

余談ですが、警察に興味がある子には警視庁本部もできるそうです。

【要予約】警視庁本部を見学しよう!

■予約方法:6ヶ月前の1日〜前日までに電話で申し込み
■見学日:月〜金の1日4回開催
■原則小学校3年生以上
■住所:東京都千代田区霞ヶ関2丁目1-1
■電話:03-3581-4321(9-17時受付)

おむつ替えや授乳もできます

3階のキッズコーナー奥に、授乳ができる個室があります。その中にオムツ替えの台が1台あります。

また、4階の多機能トイレにもオムツ替えができます!

ベビーカーを置く場所はないので、常に持ち歩いて、エレベーターで移動する形になります。

施設概要

■開館時間:9:30〜17:00

■休館日:月曜(祝日にあたる場合はその翌日)
年末年始(12月28日から1月4日)

■入館料:無料

■住所:東京都中央区京橋3丁目5番1号

■アクセス:
東京メトロ銀座線 京橋駅(2番出口から徒歩約2分)
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線 銀座駅(A13出口から徒歩6分)
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口から徒歩約4分)
都営浅草線 宝町駅(A4出口から徒歩約5分)
JR有楽町駅(京橋口から徒歩約7分)
JR東京駅(八重洲南口から徒歩約10分)

警察博物館の後は、京橋で子連れランチをしよう!

休日のランチタイム、京橋エリアはかなーり穴場です。

穴場すぎて、お盆や日曜日は定休日というお店も多いので、行く前のチェックは必須ですが、オフィス街でもあるので、ちょっと時間をずらせばリーズナブルに美味しいランチが食べられるお店はたくさんあります。

TOKYO SQUARE GARDEN

イチオシは「TOKYO SQUARE GARDEN」の中にあるお店。

京橋駅から警察博物館に行く場合は、このビルの中のエレベーターを使うんですが、博物館の斜め前にあるビルなので、「お腹すいたー!」で、すぐに行けます!

個人的には、もうやんカレーが好きなので、オススメしたいところですが、どの店も割とゆったりしたつくりだったので、行ってみて好きなお店にぷらっとでも全然良さそうです。

母ちゃん

京橋駅から行くと、左手前にあるタリーズも水が近くにあって、夏はテラス席も涼しくて心地良いですよー。

KYOBASHI EDOGRAND

数分くらいなら歩いてもいいよー!というならば、KYOBASHI EDOGRANDもオススメです。

最近再開発でできた新しい複合ビルで、1階や地下にたくさんの飲食店が入っています。

フリースペース内にたくさんのゆったりしたソファや、テーブルと椅子があり、お弁当を食べている人たちがたくさんいました。

タイミングがよければ、1階にキッチンカーが出ていることもあります。

地下のお店は、小さめの椅子でキュッとした感じの店が多いので、子連れだと1階のお店の方が良いかなと思います。

我が家は「ビュッフェがいい!」ということで、地下のタイ料理の店(ブルーパパイアタイランド)に行きましたが、残念ながらそこまでオススメではありません。

席が広めで、休日ランチは3才以下が無料で、3〜6才くらい正確には決まっていなくてメインを食べない小さな子という曖昧な定義)は半額なので、子連れでゆっくりビュッフェっぽいのが楽しみたい♪という場合はいいかもしれません。

注意
食べログには休日はビュッフェだと掲載されていましたが、実際に行ってみると内容が変わっており、メインを選び、サイドメニューが若干ビュッフェ形式なものになっていました。3才〜小学生は半額という料金体系でもありませんでした。私はこういう記載ミスが多かったり対応が横柄な店が苦手なのでオススメはしませんが、タイ料理が好きな方なら楽しめると思います!

KYOBASHI EDOGRANDの飲食店自体は良さそうな店もちらほらあり、授乳室などもあったので、子連れにはオススメのビルです!

母ちゃん

子連れで色々おでかけしてます!

休日の遊び場系の記事一覧はこちらです!

参考

こどもとおでかけクレイジー母ちゃんのシンプルな子育て