マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

オンラインサロンを始めるにあたって気をつけたのは安全安心の確保!


母ちゃん

5児の母ちゃんのクレ嫁 こと すずきかな@muji_seikatsuです。

先日こそっとリリースしたオンラインサロン、2日間でなんと15名となり、募集を締め切りました♡

たくさんのお問い合わせや申込み、ありがとうございますー!!

なぜオンラインサロンをやろうと思ったか

私がやろうと思った理由はシンプルに…

母ちゃん

自分でやった方が楽しいから!

4月の第5子の産後すぐから はあちゅうサロン に入ってみて、勢いでぐんぐん突き進んでいくオンラインサロンの楽しさはよーくわかった!

でも、私は誰かの作った場所でやるよりも、やっぱり自分で環境を作ったり、そこでやりたいことをやる方が楽しいし好き♡

どんなことなら私がやる意味があって、みんなに役立てるコミュニティが作れるかなーと考えた結果が…

今回リリースしたオンラインサロン Good&New morning!!

私が自然にできることで役立てる♡

私は早起きが得意
コミュニティを作るのが得意
心と体の声を聞いて行動するのが得意

母ちゃん

どれも自然とできること。

だけど、それによって人生が変わる人だっている!

それってすごいこと!

誰しもがそれぞれに違うすごいことを持っていて、

・それをやるのは当たり前
・それは特別なことじゃない
・なんでできないの?って他人に対して疑問を覚える

そういうことって、あなたの才能です!

私の才能だな〜と思っていること内、上記3つを組み合わせたのが今回のオンラインサロンなのです♡

仲間も増える→今後につながる

はあちゅうサロンでの経験を通じて、オンラインサロンが楽しいなって思ったのは、リアル出会えない人とでも信頼関係が作れること。

文字だけでのやりとりって情報量が少ないから、関係性を築くのって意外と難しい。

母ちゃん

私も文字だけだと結構キツイと思われることが多いし、会うと「イメージと違った〜!」って言われることも多々ありました。笑

だけど、それでも、地道なやりとりを続けたり、伝え方、受け取り方を変えることで、信頼関係が築けてきた。

これって本当にすごい!

オンラインでも信頼関係を作って、仲間になっていけたら、世界中の人がもっと近くなるし、一緒に何かをできる人が増える!!!

すごーーーーーーーーーーーーい!!!

だけどね、やっぱり信頼関係を築くのはちょっと難しい。

だから、今回は色々気をつけました。

コミュニティを作るに当たって気をつけたポイント

オンラインサロンを作るに当たって一番こだわったのは、

・メンバーの安全安心を確保すること

母ちゃん

安全安心?って何?

標語?

って感じだと思うけど、違うよ。笑

この場では誰かが唐突に予想外の攻撃をしてこないし、友達の家のようにくつろいで過ごして大丈夫だよ!

って思ってもらえる環境を作ることに注力してます。

安全安心ってどうやって確保するの?

1期生に関しては、超シンプル!

母ちゃん

私か夫と面識があって、

この人は大丈夫!

って思えた人しか入れない。

今後は、そこにいるメンバーの紹介でしか入れない。

だから、性善説だけど、信頼できる人の信頼できる人は信頼できる説♡で広げていきます。

これはどんなに大きくなったとしても、変えない予定。

そうすることで、元々いる人の安全安心も脅かされない。

今回も「はじめまして」の方から何名か「紹介してもらえる縁はないのですが…」とお問い合わせをいただきました。

とーーーーーーーーーーーってもありがたくて、感動的に嬉しい話なんだけど、やっぱりここはぐっと我慢。

私でもいいし、他のメンバーでもいいから、何かしらの信頼関係を築いた上で、またの機会に参加してもらえると嬉しいなと思います。

今後も安全安心を確保し続ける!

また、新しい人が入るたびに、

元々いる人たちは新しい人を歓迎する。

歓迎したくなる、そういう場にしていく。

そうすることで、新旧の双方の安全安心が確保される。

これは2期生以降の話だから、どうやっていこうという案はあるけど、今はまだ内緒。

実際にやってみて、その後にシェアしまーす!

実際にオンラインサロンをやるために作ったもの

母ちゃん

いやー、本当に色々あるんですよ!

やり始めてみると、「あ、やっぱりこれもあった方がいいよね!」「最低限これはないと…!!!」とかがどんどんでてくるので、安全安心を確保できるオンラインサロンをやりたいと思ったら、準備はある程度してから始める方がいいと思います!

あぁ、これは1人ではやれない…!と思ったらチャンス!

うまく周りを巻き込みましょう!

まず、絶対に自分のやりたいオンラインサロンのコンセプトに共感して「やる!」って言ってくれそうな人をひとりでいいからみつけて、話してみます。

そこで「いいね!」って言ってもらえたらしめたもの♡

その人と分担して、お互いの得意なところだけやって、準備が進められないかまずは考えてみましょう。

それでも、まだバナーのデザインが…って思うようなら、それが得意そうな友人を探します。

あるいは、誰かに頼んでもいいし、そこだけは頑張ってみてもいいかも!

仲間がひとりでもいれば心強い

リリースしてみて、すぐに他の人が集まらなくたっていいじゃない?

まずは最初に仲間になってくれた人とふたりでやったっていい。

ふたりで楽しくやっている様子を発信していくことで、ひとり、またひとりと仲間が増えていくかもしれないし、自分が発信する言葉が定まってくれば、どんどんと仲間も誘いやすくなります。

まとめ

これからはインフルエンサーの大きなサロンの時代から、個人がやる小さなサロンがタケノコのようにどんどんと生えてくる時代に変わっていきます。

大好きなこと、得意なこと、それをシェアする仲間とやりとりするオンラインの場。

それがオンラインサロンとか、オンラインコミュニティと呼ばれるようになりました。

母ちゃん

コミュニティというのは作るのは簡単そうに見えるけど、持続させることは難しいものです。

続けていきたいならば、最低限の準備、そして、メンバーの安全安心の確保には…ぜひお気をつけて!

私も近々もう1つ、オンラインサロン立ち上げます〜

お楽しみに♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします