マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

成田空港第3ターミナルに、赤ちゃんと一緒に行ってみた!

成田空港第3ターミナルベビールーム


第4子となる息子の産後64日目。
NICUからの帰宅後37日目。
琺瑯(ほうろう)おまる生活26日目(札幌滞在10日間はおまる休止、トイレのみ)。

NICUから退院して4週間。
「飛行機に乗っても大丈夫」と主治医から許可をもらったので、実家&上の3人の子(&元夫)がいる札幌へ息子と一緒に行ってきました。

行くときは時間ギリギリで、チェックインして、お土産買って、すぐに手荷物検査に並んで、搭乗口に走っても最終コールが鳴っている状態だったので、搭乗口横の誰でもトイレでおしっこをさせて・・・が精一杯!

それ以外を見る余裕は一切なかったので、今日は帰りがてら、成田空港第3ターミナルの”飛行機を降りてからのベビーバリアフリー状況”をチェックしてきました。

JETSTARで、成田空港第三ターミナルに到着

JETSTARが着く第3ターミナルは、到着後にながーい通路を歩きます。
成田空港第三ターミナルサテライト1階

その後に、昇って降りてを通常は階段かエスカレーターで行いますが、ベビー連れならエレベーターが楽チン☆ただし、歩く距離は増えるので、自分で歩きたがる子がいるならば、エスカレーターに乗っちゃう方が楽かも。

通路の端まで延々と歩くと、エレベーターがあります。

第3ターミナルで、到着後に使えるベビールームは4こ!

今日私がチェックしたベビールームは1つだけですが、改めて調べてみると、空港を出るまでに使えるベビールームは4つありました。

で、1こ目は到着後に乗ったエレベーター手前左。らしい。

成田空港第三ターミナルサテライト1階

私は気づかなかったし、第3ターミナルのHPから持ってきたこの図には載ってないトイレが途中にいくつもあったので、少々怪しいかも。

次の機会にはきっちりチェックします!
それまでにどなたか使ったよ!など情報いただけたらアップしまーす。

2つめは、手荷物引渡場に!

1つめに気づかず、延々と歩き、エレベーターに3回か4回乗って、ついたのが手荷物引渡場。

ここに入ってすぐ右手に、2つめのベビールームがあります。

成田空港第3ターミナルベビールーム

国内線と国際線のいずれも、手荷物引渡場にベビールームがあります。

成田空港第三ターミナル本館1階

飛行機を降りて、できるだけ早く、おむつを取り替えたり、授乳をしたい!
その場合は、とにかく急いで手荷物引渡場を目指しましょう。

途中にもたくさんトイレがあるのですが、バリアフリーではあっても、おむつ替えすらできません。

授乳スペース以外は、男性でも入れるので、パパとベビーの旅でも安心です。

成田空港第3ターミナルベビールーム

調乳スペースは、お湯が出る他、手を洗ったりできるスペースにもゆとりがありました。

成田空港第3ターミナルベビールームの調乳スペース

おむつ替えの台は2つ。

紙おむつを捨てられるゴミ箱もあるし、荷物は横にかけられるフックがついていました。

成田空港第3ターミナルベビールームのおむつ替えスペース

授乳スペースも個室が2つ。

授乳スペースは、アコーディオンカーテンで個室になるタイプで、ちょっと閉塞感はあるものの、天井が高いので、息苦しくはないかな?

成田空港第3ターミナルベビールームの授乳スペース

3つめと4つめのベビールームは、出発ロビーに。

ここが混んでて・・・という場合や、手荷物引渡場を出た後(一度出たら戻れない)に、もう一度おむつ替えや授乳という場合は、出発ロビー内にもベビールームが2つありますのでご安心を。

成田空港第三ターミナル本館2階

ただし、こちらは出発する方も使うスペースなので、できるだけ1つめか2つめのベビールームで、早めのおむつ替えや授乳を済ませると快適かと思います。

手荷物だけの楽チン旅

ちなみに、私は息子とリュック&小さなバッグだけの、相変わらず軽々旅だったので、超楽チンでした☆

成田空港第三ターミナルへ0歳児と行ってみた

そうそう、そういえば。最近JETSTARの手荷物規定が変わりました。
以前は10キロまで可能だった手荷物が、7キロに減り、チェックイン時にかなり細かくチェックされます。
しばらく乗っていない方はこちらの詳しいレポも要チェックです。

私のように軽装で旅をするコツを知りたい方はこちら。

0歳児と乗るJETSTAR旅についてはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします