マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

超軽い!napnap(ナップナップ)のコンパクト抱っこ紐は2本目におすすめ。

napnapナップナップの抱っこ紐 超軽いcompact


母ちゃん

5人目妊娠中(臨月)のたかなです。

衝撃の軽さとコンパクトさなのに、機能はエルゴベビー並みという抱っこ紐を知ってしまいました。

5人目の2本目として購入するか検討すべく、詳しく調べてみたので、ご紹介しますね!

今日 くわしく調べてみたのは napnap(ナップナップ)という日本製の抱っこ紐

基本的な作りはエルゴベビーに似てるのに、日本人が開発しただけあって、日本人ならではのニーズが満たされてます

エルゴベビーは2本、ベビービョルンは3本、そのほかにも、おんぶ専用やコンビ、スリングなどなど10本以上は使った私でも、2本目として欲しくなる抱っこ紐です。

napnap(ナップナップ)の抱っこ紐とは?

1児のパパでもあるnapnap代表の網田さんが、産後の奥さんの抱っこによる肩こり・腰痛をみかね、何かできないかと整体師の友人に相談したところから始まったnapnap(ナップナップ)の抱っこ紐開発。

安心・安全設計を徹底的に追求し、整体師・プロ保育士・子育て中のママが一緒になって作った日本製の抱っこひもです。

多くのママたちが、赤ちゃんの成長を想像しきれずに、デザイン性と価格から購入をしているために、2本以上の抱っこ紐を持っている人がほとんど

そんな現状を打破するために、6つのポイントに着目して開発をしたそうです。

①肩・腰への負担
②赤ちゃんの快適さ
③持ち運びの便利さ
④安全性
⑤装着の簡単さ
⑥デザイン性

公式HP:napnapについて

母ちゃん

この中でも ③持ち運びの便利さというのは、外国製のエルゴベビーやベビービョルンにはないnapnapならではの特徴

赤ちゃんを抱っこしていないとき、外国製だとコンパクトにまとまらないものが多いので、抱っこ紐が前にぶらぶらしていたり、荷物が大きく膨らんだりがイヤだったんです。

その悩みがnapnapでは解消されちゃいます。

napnapの基本的なつくりは?

napnapの抱っこ紐は、大まかな作りがエルゴベビーのオリジナルと似ています

2WAYの抱っこ紐で、対面抱っことおんぶができます。

前向き抱っこは残念ながらできません。

使える時期は、エルゴベビーのオリジナルと同様にインファントインサート(napnapでは、新生児パッド)を入れることで、生後10日から使うことができます。

新生児パッドなしの場合は、首がすわる4ヶ月からとなります。

もちろんSGマーク合格品

日本の任意の安全基準であるSGマーク。

napnapはもちろん取得しています。

機能性に優れているにもかかわらず、安全基準も満たしたコストパフォーマンスのいい抱っこ紐です!

napnap抱っこ紐のよいところとは?

napnapのすべての抱っこ紐に共通のよいところは、次の7点。

落下防止のおんぶホルダー



抱っこ時も使用可能で、安全に抱っこ紐を使うことができます。

おんぶのときに、落ちないか焦りながらやらなくてもいいと安心ですよね。

背中がメッシュに切り替え可能

napnapさん(@napnap_official)がシェアした投稿

背当ての部分を、ファスナーでメッシュに切り替えができます。
向こう側が透けるほどの通気性なので、赤ちゃんが蒸れることもありません。

また、この部分にはポケットがあるので、保冷剤を入れてあげるとさらに涼しくてご機嫌に!

母ちゃん

背中が涼しいと、冷えすぎず、適度な体温を保てるので赤ちゃんも嬉しいですね。

お腹に保冷剤を入れたら、お腹くだしちゃいます・・・

大容量ポケット

napnapさん(@napnap_official)がシェアした投稿

スマホ、お財布、ティッシュ、鍵が入るほどの大容量のポケットが、赤ちゃんの背当て部分についています。

母ちゃん

帰宅時に、鍵をポケットから出そうとしたら、抱っこ紐の腰当てに引っかかって出てこない〜!!!

なんてこともなくなります。

股関節の開き具合も、日本人仕様

napnapさん(@napnap_official)がシェアした投稿

最近は、エルゴベビーなどでも赤ちゃんの月齢に応じて開き具合の調節ができるようになりました。

だから、唯一の特徴!ではないですが、やっぱり日本人仕様というのは安心感があります。

ウエストが61センチから対応しているのも、小柄なママにとっては嬉しいところ。

母ちゃん

エルゴベビーのADAPTやオムニ360などの新型モデルは、腰ベルトのサイズが76センチからなんです。

赤ちゃんが小さいうちなど、腰ではなくてウエストでベルトをしめようと思っても落ちてくる・・・ということはnapnapならなさそうですね。

使わない時はコンパクトに収納

外出先で赤ちゃんを抱っこ紐から下ろしたとき、抱っこ紐を腰につけた状態でコンパクトに収納できます。

母ちゃん

エルゴベビーを今まで使ってきた方、この点、嬉しくないですか!?

前面に抱っこ紐をぶらぶらさせながら、歩き回る子どもを追っかけるの。

わたしはずーっとイヤでした。

かといって、荷物の中に入れるにはだいぶ大きいので、止むを得ず抱っこで出かけた場合は前にぶらぶら。

napnapなら、ウエストポーチのようにすっきりと抱っこ紐を収納できます。

フードの着脱が簡単&外して洗える

フードの着脱が簡単なのはもちろんですが、外して洗えるというのはnapnapならでは。

抱っこ紐本体までは洗わなくていいけど、よだれカバーやフードだけはささっと洗いたいとき、ありますよね。

洗い替えのフードも売られていて、綿とメッシュの2種類があります。

しかも、綿はデザインもいろいろあり、可愛いねこ耳まで。

napnapさん(@napnap_official)がシェアした投稿

清潔を保ちたい、日本人ならではの視点だなと思います。

もちろん本体も、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えます。

新生児パッドで、生後10日から使用可能



napnap抱っこ紐専用の新生児用のパッドを使用すると、生後10日〜使えるようになります。

新生児パットの価格も 抱っこ紐とセットだと約2,600円と、エルゴベビーのインファントインサートの4,000円ごえと比べるとだいぶ安いので、コスパもずいぶんよいです。

あらゆる点において、napnapのコスパは高いですね。

napnap抱っこ紐のわるいところは?

取り扱い店舗がバースデイのみ

東京都内に住んでいる私としては、実際に試着できる店舗が近くにないのが、一番のデメリットです。

ただ、バースデイ自体は全国にたくさんあるので、地方の方にとっては、エルゴベビーなどの抱っこ紐よりもnapnapの方が試着できる機会が豊富なのかもしれません。

前向き抱っこはできない

エルゴベビーのオリジナルでも前向き抱っこはできないので、楽チンな普段づかいとして対面抱っことおんぶができればいいママにとっては十分かと。

前抱っこがしたい方は、残念ですがnapnapではなくて、エルゴベビーやベビービョルンなどの別の抱っこ紐をご検討ください。

MEMO
本当はnapnapの製品でも、前抱っこができるものがあります。

ただし、購入はベルメゾンのサイトからのみ。

商品としても特に秀でている感じではないので、おすすめ、はしませんが興味がある方はみてみてください。

多機能抱っこ紐マミィラク

おすすめはこんな人

コスパの高い抱っこ紐が欲しいママ

あらゆる点からみて、napnapの抱っこ紐のコスパは高いです。

詳しくは、それぞれの抱っこ紐のところでも説明します。

デザインで他の人とかぶりたくないママ

エルゴベビーなどに比べて、まだまだnapnapの抱っこ紐を持っている人は少ないです。

「UKIKI」は特にデザインも豊富で、かわいいデザインが好きなママにはおすすめ。

できるだけ軽量の抱っこ紐が欲しいママ

「COMPACT」はペットボトルよりも軽いたったの400g。

コンパクトにもなるので、持ち運びの負担を減らしたいママには嬉しいですよね。

新生児からも使いたいママ

新生児パッドを使えば、生後10日から使えます。

napnapの抱っこ紐は3種類

シンプルでコスパの高い「BASIC」
デザイン性抜群で、ママもうきうき「UKIKI」
コンパクトで400gと軽量なのに、デザインも可愛い「COMPACT」
BASIC UKIKI COMPACT
縦抱っこ
おんぶ
落下防止ベスト
背中メッシュ ×
マルチD環 × ×
撥水加工 × ×
簡単装着フード × ×
素材 綿 綿 ポリエステル
バックル NifCO YKK NifCO
フード付属
よだれカバー付属 × ×

シンプルでコスパの高い「BASIC」



シンプルなデザインで、パパとの共有もしやすい抱っこ紐です。

単体なら税込でも9,050円だし、新生児パッドとセットにしても12,000円以下。

使える時期の長さを考えても、コスパのとても高い抱っこひもです。

デザイン性抜群で、ママもうきうき「UKIKI」



「BASIC」にはついていない、マルチD環やかんたんフードに加えて、よだれカバーまでついてくる「UKIKI」

できるだけ荷物を持たずに散歩に行きたいママには、マルチD環がかなり便利そう。

デザインも豊富で、機能もたくさんついているだけあって、こちらは単体で12,000円ちょっと。

新生児パッドとセットにすると、15,000円ちょっと。

それでも、まだまだ他の抱っこひもに比べれば安いもの。

napnapの抱っこひもは、全シリーズコスパがとってもいいです〜。

コンパクトで400gと軽量なのに、デザインも可愛い「COMPACT」



「COMPACT」の特徴は、その名の通りコンパクトであること。

撥水性のポリエステルの生地で、汚れがつきにくく、乾きやすいというのは好き好きかと。

裏地はメッシュなので、夏の暑い時期には熱がこもらず良さそうです。

価格は単体だと、8,000円ちょっとと「BASIC」よりもさらにリーズナブル。

「COMPACT」でも新生児パッドは装着可能で、このセットだと11,000円ちょっと。

母ちゃん

「わたしが欲しい!!!」と 今、大注目中のnapnap抱っこひもは、この「COMPACT」。

安くて、とにかく軽い!!!

つい色々なものを持って出かけがちな母ちゃんとしては、抱っこひもは少しでも軽いものが嬉しい。

しかも、畳んだときにB5サイズのポーチ並みのコンパクトさって、超魅力的です。

わたしが狙っているのは、COMPACTのまとめ買い

実は今回、わたしが狙っている購入大作戦は 「COMPACT」のまとめ買い

「COMPACT」はnapnapサイドとしても2本目として推したい抱っこひも。

そのため、抱っこひもと同時購入(3種類のいずれでもOK)の場合は、2本目が安くなるんです♡

通常税込価格8,618円 のところ 6,458円

2,160円も値引きに!

しかも、1万円以下だと送料が全国一律600円なところ、まとめ買いなら送料も無料

ひとりで2本も買うの!??

じゃ、もちろんないですよ。笑

母ちゃん

1人当たり 7,538円で 送料も無料になるので、「2,000円近くお得に買えるこの機会に、誰か一緒に買いませんか〜?」

とママ友を探すのです。

まだまだこれから抱っこひもを使いそうなママ友たち。

誰か「一緒に買いたい!!」と言ってくれないかな〜。

まとめ

わたしからのママ友へのプレゼンみたいになっちゃいましたが、何本も使っている私たちだからこそわかる、この軽量の抱っこひもの魅力。

エルゴベビーの機能を備えて、抱っこひもをぶらぶらさせずに済む上に軽量って、かなり便利ですよ。

すでに1本持っている方なら、ママ友と2人、3人でセット購入されるのをおすすめします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします