マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

新宿で大行列の牛かつ”もと村”に実際行ってみてわかった人気の秘密

牛かつもと村・新宿南口店


新宿の南口から左にしばらく、新宿通りに沿って歩いて行くと、行列が見える。

昼間の15時〜17時くらいだけ人がいないけど、それ以外はいつも必ず人が並んでる。

日常的に肉はほとんど食べないから、気にはなっていたけど、いつもスルー。

でも、昨日、ふとカツが食べたくなったので行ってみた。

牛かつもと村・新宿南口店

並びたくないなら、15〜17時に行こう。

ランチタイムが終わって、ディナータイムになる間の時間帯がやっぱり空いてる。

私たちは17時半過ぎに到着。

外に列はない!
やった!!!

と思ったけれど、入口から地下に続く階段は、人でいっぱい。

でも、その前の時間帯ならば、ほとんど並んではいないようだ。

私たちも15分ほどで入れました。

誰かと一緒だったら、「どれにしようか♩」と話してる間に、順番が来るくらいの時間。

相手との関係性が深まるか、溝が入るか。
チャレンジしに行くのもいいかも。

通し営業&ランチ設定なしだから、いつでも同じサービス

新宿南口のもと村は、11時〜22時までの通し営業

価格はランチもディナーも同じなので、どの時間帯に行っても食べられるものは同じ。

だったら、空いてる時間帯に行って、ゆったりと食べられるのがいいよね!

意外と広い店内

22席しかないし、ラーメン屋の地下だから、きっと狭いんだろうな。

だから混むんだろうな。

と思っていたら、いい意味で裏切られるゆったりな店内。

カウンター席とテーブル席がある

テーブル席は4人がけが2つと。2人がけが2つ。

カウンターは厨房に向かってずらっと並んでる。

牛かつもと村・新宿南口店
あ、カウンターを間違えて2席多く描いちゃった・・・のは、ご愛嬌。

テーブル席の壁際の席は、実際にはベンチ型の柔らかいシート席だから、子どもがいても大丈夫。

私も0歳児と一緒(前抱っこ)だったけど、ゆったり座れたし、となりの家族も3歳くらいの子連れでした。

混んでて、待ってる人がいるとわかっても、これだけゆったりできると、ついのんびり食べちゃう。

だから、混むんだね。きっと。笑

メニューはシンプル。違いは、牛かつのサイズと、とろろの有無だけ。

牛かつもと村・新宿南口店

実際のメニューはこちら

階段に貼ってあったメニューで、外に置いてあったものとは違うけど、一番詳しかった。

<おしながき>
◆定食
1.牛かつ麦飯セット 130g (税込)1,300円
2.牛かつ麦飯とろろセット 130g(税込)1,400円
3.牛かつ麦飯セット 100g (税込)1,100円
4.牛かつ麦飯とろろセット 100g(税込)1200円
5.牛かつ麦飯セット 260g (税込)2,100円
6.牛かつ麦飯とろろセット 260g(税込)2,200円

※とろろ無しは、100円引きです。
※ご飯のおわかりは、一杯無料です。
※キャベツ・味噌汁の追加は100円です。

◆追加牛かつ(単品注文はできません)
追加牛かつ 130g(税込)800円
追加牛かつ 100g(税込)600円

※定食ご注文のお客様は、牛かつの追加を承っております。
※山山葵(やまわさび)ソースが足らないときはお声がけください。
※高齢の方、お子様には、火を通してご提供を致しております。
※おいしくお召し上がりいただく為に牛脂を加えております。
※冷たいお茶、温かいお茶どちらもございます。お声がけください。

◇お肉は石でよくやいてからお召し上がりください。

人気なのは、とろろ付きの130gらしい。

シンプルなんだけど、順番が100g→130g→260gといかず、人気のあるという130gから書いてあるので、何となく混乱する。笑

混乱したから、並び替えてみた。

◆牛かつ麦飯セット
100g (税込)1,100円
130g (税込)1,300円
260g (税込)2,100円

※とろろセットは、これにそれぞれ+100円。

追加できる牛かつは
100g(税込)600円
130g(税込)800円

私は少量で十分なので迷わず100gにしたけど、量をイメージできなかったので、連れは選ぶのに難航してました。

100gの牛かつは可愛い♡

100gだとこんな感じに細長く出てきます。

いくつか事前にみたレビューの写真は、人気の130gの定食なんだろうな。

30gの違いで、結構小さく見える。
可愛い。

牛かつもと村・新宿南口店

連れは260gもいらないけど、130gじゃ足りないということで、結局

牛かつ麦飯とろろセット 100g(税込)1200円をふたつと

追加牛かつ100g(税込)600円をひとつ、注文。

ちょっと後半苦しそうだったけど、いい感じの量でした。

焼いて食べるから、熱々で美味しい!

焼き肉が人気なのは、自分で焼いて食べられるから。

だとしたら、もと村が人気なのも、自分で石の上で”牛かつ”を焼いて食べられるから!?

牛かつもと村・新宿南口店

自分で焼くというオプションがあることで、価値が急上昇。

以前、「ダン・アリエリーの予想どおりに不合理」についての記事にも、「自分でやる・つくる」という行為がプラスされた途端、私たちはそのものの価値を必要以上に高くみつもってしまうという話を書きました。

その時は、ホットケーキミックスの話だったり、自分の子どもに対する評価の話が中心だったけど、この”牛かつを焼いて食べる”というもと村の戦略は、行動経済学から想像し得る人気の出し方です。

もちろん熱々だし、好みの焼き加減で食べられるっていうのも人気の秘訣。

焼けるまでを待つ楽しみまで与えてくれる。

まぁ、だから混むんだとも言えるけど。

牛かつもと村・新宿南口店

味付けは3種類

ちなみに味付けは、3種類。

・山山葵(やまわさび)ソース
・ワサビと醤油
・岩塩

お好みで選べるし、ちょっとずつ色々試してみるのも楽しい。

どれも食べてみたけど、甲乙つけ難かったー。

マクロビオティック的に考えると、山山葵ソースか、ワサビと醤油がバランス良さそう。

キャベツもたっぷり食べると、消化もばっちり!

肉を食べるときは、たっぷりの野菜とワサビや生姜などのスパイスと一緒に食べると、バランスが取れて、消化も促進される。

この考えからすると、少々キャベツ少なめで、おかわり無料じゃないのが残念。

私は今回お腹がいっぱいで食べられなかったけど、100gの牛かつと追加のキャベツが、からだは喜ぶバランスじゃないかな。

とにかく楽しんで!よく噛んで食べよう。

いずれにしても、牛かつは揚げて焼いた肉だから、呑み込まずに、よく噛んで!

そして、とにかく肉を焼いたり、ソースを選んだりをたっぷりと楽しんで食べよう。

牛かつもと村・新宿南口店
※これは私じゃなくて、向かいで大満足に食べている連れ。

あー、これでもうしばらくは肉、いらない〜!!!

でも、美味しかったです。大満足。

焼かない牛かつの店が普通。

連れ曰く、以前行った牛かつの店は自分で焼くプロセスはなかったそう。

自分で焼くから必要以上に美味しく感じるし、そもそも熱々だから美味しい もと村の牛かつ。

オススメです。

新宿は新たにアルタ裏にもできました!

こちらも地下だから、同じような店内かな。

地理的にも15時〜17時は空いてそう。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

◇牛かつ もと村 アルタ裏店
東京都新宿区新宿3-22-7 指田ビル B1F
03-3354-7311
11:00~23:00(22:00L.O)
食べログ

今回行った新宿南口店はこちら。

◇牛かつ もと村 新宿南口店
東京都新宿区新宿3-32-2 MOTOビル B1F
03-3354-0171
11:00~22:00
食べログ

————–
そうそう、肉を食べていると「いいの!?」と思われるかと思いますが、私はマクロビオティックを実践&教えてます。

牛かつだって、自分でバランスを取れれば食べても大丈夫!
なんですよ。

マクロビオティックを聴くだけで取り入れられるようになる新しい学習法 ココロビオティックを知りたい方はこちらも必見!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします