マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

【かなザップDAY4】ビジョンづくりスタート!


母ちゃん

5児の母ちゃんのクレ嫁 こと すずきかな@muji_seikatsuです。

かなザップのレポート、DAY1DAY2(3)ポートフォリオのフォーマットの話ときて、お次はDAY4です!!

レポも順調に続いてて嬉しい!!!!

ビジョンを作っていくとは…

かなザップも4日目になると、取り組める時間の有無でちょっと差が開いてきました。

たった15分取り組むだけのことなんですが、自分と向き合う作業ってやる必要性がわかっていて、かなザップに入っていても、それでもまだ、変化を嫌う心のブレーキが邪魔をするんですよね😭

でも、大丈夫!!!!

まだまだ取り返せるよ!!!!

ここを走り抜けて、本音の自分と向き合えたら、ビジョンが作れる!!!

ビジョンができたら、目的地が見えるということだから、今やるべきこと、進むべき方向性が明確になります。

頑張ろうっていうの、あんまり好きじゃないけど、でも、ここはもう一踏ん張り!

がんばろ!!!

やりたいことをビジョンにするには

やりたいことを出す以上に、ビジョンにしていくのは大変な作業です。

自分と見つめあって、自分の心に正直になり、本音を引き出す必要があります。

メリットデメリットではなく、自分がやりたいこと!!!!

できるかできないかではなく、自分がやりたいこと!!!!

それを出していくフェーズです。

本来のコーチングの手法だと、やりたいことの抽象度をあげることでビジョンにしていくことが多いです。

が、これだと、個別にコーチングしないとならないのでなかなかに難しい。

抽象度をあげること自体も慣れていないとかなり難しいので、今回は違う方法をとることにしました。

抽象度をあげるとは

一応、簡単に抽象度のあげ方も説明しておくと…

抽象度は高ければ高いほど概念化していきます。

反対に、抽象度が低ければ低いほど具体化しています。

例えば、

鈴木さんちのダックスフントとか、田中さんちのチワワの花ちゃんっていうのは、抽象度がとても低い、具体的なものです。

これらの抽象度をあげていくと、

誰かの家で飼われている犬
→犬
→哺乳類
→生物

みたいになっていきます。

花ちゃんよりも、犬よりも、生物の方が抽象度が高いということです。

こうやって聞くと簡単そうなんですが、自分のやりたいことで抽象度をあげるとなると…難しいんですよ😭

自分でできる、やりたいことからのビジョン作り

なので、抽象度をあげる作業に慣れていない方には、まず深堀りして、掘り下げて、どうして「これが私はやりたいのか?」っていうことを具体的に知ることをおすすめします。

いくつものやりたいことを掘り下げてみると、共通する理由が出てくるので、そこから自分のビジョンをみつけていけます。

まとめ

まずは騙されたと思って、やりたいことの理由を掘り下げてみて!

あぁ、私が本当にやりたいのはこういうことなんだなぁ!!!

っていうのが、だんだんと見えてくるよ!!!!

母ちゃん

掘り下げてみたけど、一人じゃだんだんと辛くなってきた…投げ出しちゃった😭

そんな方は次回のかなザップに参加したり、クレマイでまず思考のストレッチしたり…してみてね!

いずれもLINE@でお知らせするから、興味が湧いた人はぜひ登録しておいて✨

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします