マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

【jpeg⇔png】プレビューでファイル名を一括変換!

jpeg⇔pngのファイル名一括変換(mac)


長男が生まれた10年前、超はりきって、写真を撮りまくって、
選別しても月100枚以上になったから、
それを全部印刷して、アルバムに。

あまりの量で狭い家では保管しきれず、
毎日写真付きの日記やblogも書いてたしで、
いつの間にか断念。

blogやらデータの形で、祖父母に写真を送り続けたり、
頻繁にバックアップも撮ってたのだけど、
次女が生まれてしばらくは追いつかなくなり、
撮りっぱなし状態に。

ある日、ふと思い立ってデータの整理をしたら、
間違って次女の出産直前から半年分くらいのデータを消去。

慌ててデータの復活を試してみたけれど、
復活したのは一部だけ。

疲れてたんだろうなー。

その後は、かなり頻繁にバックアップをし続け、
今はgoogle photoや
dropboxなどの、複数の方法で保険をかけるように。

でも、やっぱりパッと見開きでみたい。

一部だけでも、紙で残そう。

そう思い立ってみたけれど、
この大量の写真をピックアップする作業がまぁ大変!笑

ピックアップして、フォトブックにしようとしたら、

「写真のデータが小さいのでアップロードできません。」

だったり

「アップロードの途中で通信が切れました。」

って、くるくるしちゃったり

「jpegしかアップロードできません。」

だったり。

道のりは長いな・・・

と、前置きは長くなったけど、ひとまず
 【pngのデータをjpegに一括変換したい!】から解決していこうと思う。

macの標準ソフト【プレビュー】で、データは一括変換できる!

変換したいファイルを選択して、プレビューで開く。

※飛び飛びのファイルを選択したい場合は、コマンドを押しながらだと、いっぺんに選べます。

※右クリックで、「このアプリケーションで開く」→「プレビュー」でOK。

上のバーにある「ファイル」→「書き出す」

好きなファイル名を入れて、「フォーマット」で「JPEG」を選ぶ。

jpeg⇔pngのファイル名一括変換(mac)

保存したら、できあがり♩

さぁ、次は、ファイルの大きさチェックして、日時順にファイルに名前を付けようかな。

データが小さいと、そのデータのあとの写真がアップロードされないし、「作成日順に並べる」ってしてるのに、フォトブックのソフト上でちゃんと並んでくれないんだもの・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします