井の頭自然文化園は、動物園・水族館・遊園地・彫刻園が楽しめる多彩な動物園【ぐるっとパス】

母ちゃん

こんにちは!5児母のクレイジー母ちゃん@muji_seikatsuです。

吉祥寺駅すぐにある井の頭公園の中にある、井の頭自然文化園って知ってますか?

私は子連れで何度か行ったことがあったのですが、子どものペースに合わせて見ていると、動物と子どもが遊ぶエリアしか回りきれず、井の頭自然文化園の魅力を満喫しきれていない気がしていました。

なので、今回は子どもたちが遊具で遊んでいる隙に、今まで行ったことのなかった彫刻園や資料館に足を伸ばしてみたのですが、え!!!!と驚きの連続でした。

井の頭自然文化園は、動物園・水族館・遊園地・彫刻園が楽しめる多彩な動物園

井の頭自然文化園とは?

井の頭自然文化園は、井の頭恩賜公園の中にある東京都の動物園です。

敷地は井の頭恩賜公園のほぼ3分の1の広さで、動物園やミニ遊園地、童心居、資料館、彫刻園のある「動物園(本園)」と、水生物館や水鳥の展示がある「水生物園(分園)」の2つのエリアに分かれています。

2つのエリアをあわせると、170種を超える動物を飼育しています。

井の頭自然文化園本園(動物園)の特徴的な施設は?

「リスの小径」や国内最年長のアジアゾウ「はな子」「モルモットふれあいコーナー」などの動物展示施設のほかに、山野草園、シャクナゲ園、ツバキ園、童心居、資料館、彫刻園などの展示エリアがあります。

メリーゴーランド、ティーカップなどの乗り物があるミニ遊園地(スポーツランド)や、滑り台などの遊具があるぶらんこ広場などの子どもが遊ぶエリアもあります。

持ち込みのお弁当などを食べられるテーブルや椅子も豊富にあり、サンドイッチやソフトクリームなどの軽食を販売する売店も2ヶ所あります。

モルモットふれあいコーナー

モルモットとふれあうことができるコーナーです。

実施時間は10時〜11時30分と、13時30分〜15時です。

モルモットのあかちゃんのおうちもあります。

計画的にモルモットを繁殖させているそうで、お見合い中の部屋があったり

生まれたばかりの赤ちゃんたちの部屋があったりしました。

リスの小径

リスが放し飼いになっているエリアに入ることができます。

すぐ近くをリスが横切ったり、クルミを割るところがみれることも。(この写真はエリア外から)

北村西望の彫刻園

北村西望(1884〜1987)の彫刻園があります。

建物は3つあり、長崎の平和祈念像の制作に用いたアトリエ館と、彫刻館A館・B館があります。

屋外にも彫刻の展示があり、室内外合わせて約250点の彫刻が展示されています。

童心居

「赤い靴」「しゃぼん玉」などの童謡を作詞した野口雨情の書斎を移築したものです。

建物は貸室として、有料で借りることもできます。

いきもの広場

野生の生きものと触れ合うことができるエリアです。

毎週日曜日の11時〜12時のみ、時間限定のオープンです。(1〜3月および11〜12月は、第2日曜日の11時〜12時のみとなります)

「いきもの広場」のページはこちら

母ちゃん

ショートムービーがふたつあるので、ぜひそれを見て、いきもの広場の雰囲気を感じてください。見たら絶対子どもと行きたくなりますよ!

我が家もまた近々、行く予定です!

資料館

資料館の1階では特設展示と絵本コーナーのほか、ネズミ類の展示をしています。

今回のとくせつ展示は「園長室前いきもの広場」でした。

ちょっとした子どもが遊べる仕掛けが、

いたるところにたくさんあります。

資料館はクーラーがきいているので、動物園巡りに疲れたお父さんが休んでたいたりもします。笑(ここは絵本コーナー)

スポーツランド

メリーゴーランド、ティーカップなどの乗り物があるミニ遊園地です。

母ちゃん

ここに捕まると大変なので、近寄れません。笑

ぶらんこ広場

遊具のある広場です。

滑り台、ぶらんこ、シーソーのほかに、プチボルダリングもありました。

軽食販売「こもれび」「はな子カフェ」

軽食が購入できる売店は2ヶ所あります。

 

入り口近くの「こもれび」

右手奥の芝生広場近くの「はな子カフェ」

いずれもメニューは(たぶん)全く同じで、カレーやサンドイッチの軽食とソフトクリームやクリームソーダなどのドリンク類です。

人気メニューは「ぞうさん弁当」と、その時期限定メニューかと。

国内最年長のアジアゾウ「はな子」

国内では最年長のゾウとして知られていた「はな子」ですが、2016年5月26日に69歳で死亡しました。現在は空のままです。

母ちゃん

写真は彫刻園にあるはな子の像です。彫刻園の中は撮影禁止なのですが、唯一この象のはな子だけが撮影可能でした。

井の頭自然文化園の分園(水生物園)の特徴的な施設とは?

分園には、水生物館と、カモやサギなどの水辺にすむ鳥たちの展示があります。

水生物館では、日本産淡水魚および両生類の飼育展示と保護増殖をおこなっています。

水辺にすむ鳥たち

分園にいる鳥たちのたまごが一同に会する「たまごハウス」。そのサイズの違いに驚いてください。

鳥が大好きな1才児が興奮してたので、ほとんど写真はなく、もはやなんの鳥のケージだったかもわかりません。が、それほどに鳥エリアだけでも結構楽しめます(本園にも鳥のエリアがあります)。

水生物館

魚類はもちろんですが、両生類、昆虫、植物など、淡水の水辺の生き物が幅広く展示されています。

「いきものにふれてみようコーナー」では、魚に触れることができます。

自然園のある井の頭公園の井の頭池の変遷についても、特設コーナーがあります。

展示はたーっくさん。

母ちゃん

111センチ&28才のオオサンショウウオがインパクトありました。

見とれていたら撮り忘れたらしく、写真は可愛らしかった亀を。

井の頭自然文化園の施設以外の楽しみ方は?

動物や水辺の生き物の展示、資料館や彫刻園などの施設でもたっぷり楽しめますが、その他にも井の頭自然文化園を楽しむ方法はあります!

動物園怪談画劇〜スタンプラリー〜

いつもではないですが、スタンプラリーの開催をしていることがあります。

本園の正門、分園の七井門を入ったところに冊子を配布しているコーナーがあります。

これを持って、自然園の中にあるスタンプラリーのポイントを巡ります。

全部ポイントをまわったら、ゴールスタンプを押しておみやげをもらっておしまい♪

母ちゃん

幼児〜小学校低学年の子どもたちは、みんな楽しそうにスタンプ集めてました。こういう仕掛けがあると、同じ動物園に何度足を運んでも子どもが飽きないので親としても嬉しいですよね!

ぐるっとパスを使って、お得に入園

我が家では定期的にぐるっとパスを購入して、意識的に文化的な施設にも足を運ぶようにしているのですが、井の頭自然文化園でもぐるっとパスを使うことができます♪

上野動物園や葛西臨海水族館、多摩動物公園でも使うことができる他、子どもが遊べる施設でもたくさん使うことができます。

毎週末のお出かけにぐるっとパスを使うようにすると、お出かけの場所にも頭を悩ませにくくなるし、行けば行くほど入場料がお得になっていくので、みんなにもぐるっとパスの良さを知ってほしいです。

母ちゃん

井の頭自然園であれば、入園料の400円がぐるっとパスの提示で1回無料になります。
【ぐるっとパス2019】子連れにオススメな施設5選
【ぐるっとパス2019】子連れにもデートにもおすすめな動物園&水族館

施設概要

東京都井の頭自然文化園 公式HP

住所:武蔵野市御殿山1-17-6
電話:0422-46-1100

アクセス:「吉祥寺駅」南口(公園口)から徒歩約10分

バスや車のアクセスは、こちらをご覧ください。

開演時間:9時30分~17時

休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)/年末年始(12月29日から翌年1月1日)

無料公開日:みどりの日(5月4日)/開園記念日(5月17日)/都民の日(10月1日)

園内マップはこちらからダウンロードもできます。