マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

簡単で身近で美味しいのに、意外と知らない!シリアルとグラノーラとミューズリーの違い。

シンプルグラノーラの作り方


忙しい現代人の朝食セットには欠かせない!?

シリアルやグラノーラ・ミューズリーって、何となく違う気がするけど、正確にその違いを知ってる人は少ない気がします。

私も昔は全てがいっしょくただったので、グラノーラもシリアルも同じものとして扱っていました。お恥ずかしい。

シリアル・グラノーラ・ミューズリーって、どう違うの!?

一体何が違うのでしょう?

簡単にみていきます。

シリアル

そもそも英語でシリアル(Cereal)というのは、トウモロコシや麦などの穀物の総称です。

語源は、ローマの農業の女神セレス(Ceres)から変化したといわれています。

そして、シリアル食品というのは、その穀物を加工して、そのままでも食べられるようにしたもののこと。

例えば、コーンフレーク、オートミールなどがシリアル食品です。

コーンフレーク

コーンフレークとは、水で練ったコーンミールを加熱してから圧搾し、長さ1cm程度の薄い破片に成型したものです。

1894年にアメリカ合衆国のジョン・ハーヴェイ・ケロッグ博士によって発明され、健康食品として販売されるようになりました。

オートミール

オートミールとは、蒸したオーツ麦(ロールドオーツ(燕麦の押麦))を圧縮して押しつぷし乾燥させたものです。

ピクミンB群、鉄分やカルシウムなどのミネラル類、食物繊維などの栄養素がたいへん豊富。

グラノーラ(Granola)

グラノーラとは、オーツ麦や、麦、玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、

ココナッツ、ナッツなどを、

砂糖、蜂蜜、メープルなどのシロップ(糖蜜)

植物油とで混ぜて

オーブンで焼いたもの

ドライフルーツなどが混ぜられることも多いです。

オーブンで焼く途中に何度かかき混ぜる、もしくは焼き上げた後に破砕することで適当な塊状とします。

健康志向のアメリカで朝食として人気があり、日本には25年ほど前から知られるようになりました。

ミューズリー(Müsli)

ミューズリーとは、オーツ麦などの未調理の穀物加工品

ドライフルーツ、ナッツ、種子類などを混ぜ合わせたもの。

主に牛乳や豆乳、ヨーグルトなどをかけてふやかして食べます

市販のミューズリーには砂糖や蜂蜜で調味されているものもありますが、食べる際にかける方が普通です。

発祥地であるスイスでは、元来軽い夕食として食べることが多かったようです。

どれも、シリアル食品だった!

グラノーラもミューズリーもオートミールなどのシリアル(穀物)をベースとしており、全てはシリアル食品です。

コーンフレークとシリアルは別な気がしていましたが、コーンフレークはシリアル食品の一種なんですね。

どうも私たちは、言葉の親子関係がわからずに使っていることが多い気がします。

グラノーラとミューズリーの大きな違いは加熱処理の有無

グラノーラとミューズリーは、原材料がほとんど同じなのですが、加熱処理の有無が大きな違いでしょう。

また、グラノーラは糖分と油で塊状にしますが、ミューズリーは液体は加えられていないことが多く、食べる際にかけて、ふやかして食べることが多いです。

糖分や油をできるかぎり減らしつつ、シリアル食品をより楽しみたい!という場合は、ミューズリーがオススメです。

グラノーラもミューズリーも、もっと楽しんで!

グラノーラは焼いたものにミルクをかけて、ミューズリーは混ぜたものをふやかしてが一般的な食べ方ですが、実際はどちらも食べ方は自由です!

もっと楽しんで、手軽にシリアル(穀物)を食べていきましょう。

私がよくやるグラノーラの食べ方

・そのままサクサク食べる

・シンプルに豆乳をかけて食べる

豆乳ヨーグルトを混ぜて食べる

・豆乳チーズと混ぜて食べる

・パフェのように、乳製品・卵なしアイスクリームにトッピングしたり、下に敷いて食べる

どれもかけたり混ぜるだけだけど、カリカリっとした食感が、どれも満足度を高めてくれます♩

私がよくやるミューズリーの食べ方

グラノーラと同様に、豆乳をかけたり、豆乳ヨーグルトを混ぜたり、豆乳チーズと混ぜたり、アイスのトッピングにもしますが、ミューズリーだからできる食べ方がこれ!

クッキーやスコーンの材料として、食べる

既に必要なものが混ざっているから、他に用意するものが少なくて、ただでさえ簡単なマクロビのお菓子作りが、さらに楽チンに!

オーバーナイトオートミール

ミューズリーというよりも、オートミールの食べ方の一種として知られていますが、私はミューズリーでやっています。

瓶にミューズリーと豆乳を入れ、混ぜた状態で一晩置いて食べる。

たったそれだけですが、しっかりふやけているので、消化がより良いです。

噛みごたえはないですけど、朝に胃に優しいものが食べたいときにはオススメです。

穀物をしっかり噛んで、食べよう!

最近はお米も白米が主流、パンも柔らかいものがほとんどなので、つい噛む回数が少なくなりがちです。

玄米やハードブレッドを食べるのもいいですが、シリアルを上手く使って、穀物を生活に取り入れていけるといいですよね!

柔らかくても、カリカリでも、しっかり噛んで、食べましょう♩

——-

安心安全や食材に興味のある方に、人気の記事はこちら!

すずきかなの色んな食材試してみた!本当に安心安全? 美味しいの!?

成城石井に行ってみた!

成城石井の有機ミューズリーのマクロビクッキーを買ってみた!

美味しいお茶を求めて三千里!

くらしにこだわりたい方に人気の記事はこちら!

柳宗理の台所道具

台所しごと暦

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします