【レビュー】FreeTime Unlimitedとは?キッズモデルを購入して徹底的に使い倒してみました

母ちゃん

こんにちは!5児母のクレイジー母ちゃん@muji_seikatsuです。

Amazonから子育て家庭に嬉しい新しいサービスが、ついに日本でも2019年3月にリリースされました!

その名も「Amazon FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)

3歳〜12歳の子ども向けの動画、本(絵本や児童書)、ゲームや知育のアプリなどのコンテンツが使い放題になるというものです。

視聴時間を決めたり、見せたくないコンテンツを削除したりという親による見守り(ペアレントコントロール)ができる機能もあるので、小さい子にタブレットを触れさせることが心配だった人にも嬉しいサービスです!!!

我が家もiPadをあっという間に使いこなせるようになりつつあるデジタルネイティブの3歳児に、デジタルツールとの共存方法を教えるべく、キッズタブレットを購入することにしました。

日本では始まったばかりのサービスなので、まだまだな点もたくさんありますが、知れば知るほどいいサービスです。

母ちゃん

設定の勉強のために、子ども以上にキッズタブレットに触ってるんじゃないかと思うほどに徹底的に使い倒している母ちゃんが、FreeTime Unlimitedについて説明&レビューします!

FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)とは?

FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)とは、2012年にアメリカで始まった子ども用コンテンツの使い放題サービスで、日本でリリースされてきたAmazonの様々な使い放題サービスに続いて満を辞しての登場!です。

既にあるAmazonの使い放題(アンリミテッド)サービスは4つあり、

電子書籍の読み放題
Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

音楽の聴き放題
Music Unlimited(ミュージックアンリミテッド)

映画やTVなどの動画見放題
Prime Video(プライムビデオ)

ボイスブックの聴き放題
Audible(オーディブル)

母ちゃん

これに加えて、ついに日本でも子ども向けの使い放題(アンリミテッド)サービス「FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)」が始まったということですね。

対象年齢は3才〜12才

FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)の、Amazon公式の対象年齢は3才〜12才です。

幼児向けの絵本もあれば、小学生向けの児童書もあります。

ビデオは、「おさるのジョージ」などのシリーズものや「ちびまるこちゃん」などの懐かしのTV番組がある他、「しまじろう」や「えいごであそぼ」などの知育動画などもあります。

アプリは、ゲームもたくさんありますが幼児向けのひらがなの練習や小学生向けの漢検や算数・英語のリスニングなどの学習コンテンツも含まれています。ディズニーやセサミストリートのアプリもありましたよ!

母ちゃん

どのコンテンツも幅広い年齢を対象にセレクトされており、どの年齢に対しても偏りは感じません。

コンテンツ総数は1万点以上!!!

FreeTime Unlmited(フリータイムアンリミテッド)に含まれるコンテンツ数は膨大です。

コンテンツはビデオ、本、アプリですが、コンテンツの総数は1万点を超えています!

ビデオ:9,570、本:1,700、アプリ:470、合計:11,740コンテンツ!!!
(2019年7月現在)

上記は全年齢を対象としたコンテンツ数ですが、対象年齢を定める機能を使うと、その時々に使えるコンテンツ数は減るものの、3歳の子に12才向けの児童書が表示されるということがなくなります。

母ちゃん

子どもの年齢にふさわしいコンテンツが表示されるので、適切なコンテンツを探す時間の無駄が減り、より使い勝手のよい状態になるんです。

ちなみに、各年齢だけに対象年齢を定めたとしても、これほどの数のコンテンツがあるので、あっという間に見尽くした・・・ということにはなりません。

英語のコンテンツも豊富!

6年生の息子向けのコンテンツの数も数えてみたのですが、なんと本の数は、日本語600冊に対して、英語の本は900冊と、日本語よりも英語の本の方が豊富でした!

母ちゃん

動画やアプリのコンテンツも豊富にあり、英語学習はもちろん、小さい頃から英語に触れる環境づくりに役立ちそうです。

見守り設定(ペアレンタルコントロール)が便利

見守り設定(ペアレンタルコントロール)が細かく設定できるのも、FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)の特徴です。

ペアレンタルコントロールの設定内容は

・コンテンツに関する設定
→年齢制限や、コンテンツの追加や削除など

・学習タイムの設定
→学習コンテンツを終了しないと、エンタメ系コンテンツが表示されない

・ウェブブラウザの利用有無
→ウェブサイトの利用有無の設定や、表示するサイトの追加や削除など

・利用時間に関する設定
→ベッドタイムなどの終わりの時間や利用時間の上限設定

などです。

これらの設定は、Fireタブレットの設定画面や親の端末からアクセスしたペアレントダッシュボードで行います。

ペアレントダッシュボードでは、上記の設定の他、子どもの利用状況(何時間どのコンテンツを見たか、など)を確認することができます。

私が「使ってみて、意外と便利!」と感じているのが、夕食の時間などに、遠隔で端末の一時停止をする機能。

母ちゃん

1日の総利用時間はまだだけど、連続で見過ぎだなと思った時にポチっとすると、タブレットの強制終了ができるので、子どもと「やめなさい」「いやだ!」「渡しなさい!」などともみ合わず(笑)にやめさせることができて、ストレスフリーです。

SNSは使えない(広告やアプリ内課金もブロック)

ウェブブラウザの使用自体をやめる設定にもできますし、多くの保護者等からの意見も取り入れつつAmazonがセレクトしたウェブサイトへのアクセスを許可することもできます。

セレクトされたウェブサイトの一部を削除することもできますし、学校のHPなどを親が許可して追加することもできます。

許可をする際は、ドメインレベルでの許可をするため、広告を含めたサイトの外部へのリンクは開くことができません

ソーシャルメディアのドメインやアプリも親が許可して追加しない限り、子どもが勝手にInstgramやTwitterなどのSNS(ソーシャルメディア)を利用することはできません

母ちゃん

もちろんウェブサイトの広告やアプリ内の課金は、デフォルトでブロックされる設定になっています。

FreeTime Unlimitedは親子共に使いやすいサービス

FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)は、実際に使ってみるとコンテンツも豊富な上に、自分でアプリなどを追加してYoutubeやHuluなどもみれたり、ペアレントコントロールの機能も細かく設定できて、親子共々にハッピーなサービスだと感じます。

公式のFreeTime Unlimitedのサイトの情報量は本当に少なくて、二の足を踏んでいる方も多いかと思いますが、(その代わりに?)私がサービスの内容や設定画面の使い方などを徹底的に研究して、別記事で詳しく説明しています。

知りたい内容や悩みに合わせて、読んでみてください。

きっと疑問に思っていたことが、ほとんどクリアになると思いますよ。

FreeTime Unlimitedに関する記事一覧

Fireタブレットのキッズモデルとは?

さて、私はFreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)を使うためにキッズモデルのFireタブレットを購入しました。

現在キッズモデルがあるのはFire HD 8とFire 7の2種類で、いずれもピンクとブルーのカバーが選べます。

created by Rinker
Amazon
¥14,980 (2019/08/24 09:31:06時点 Amazon調べ-詳細)

母ちゃん

我が家はサイズは小さめだけど、スタンドがついているFire7のキッズモデルを購入しました。このスタンドが超便利なんです!!!!!!

キッズモデルのセット内容

キッズモデルは、パッと見には以下の4点のセットなのですが、実はキッズモデルにしかない特典があります。

・Fireタブレット
・キッズカバー
・1年間のFreeTime Unlimited無料体験
・2年間の特別保証

1つずつみてみましょう。

Fireタブレット

Fireタブレット本体は、大人用に販売されている通常のモデルと同じです。

「Fire HD8」と「Fire 7」の大きな違いは、ディスプレイサイズと保存容量とバッテリーの持ちとオーディオの質です。

Fire HD8 タブレット 32GB

ディスプレイサイズ:8インチ HD
保存容量:32GB
バッテリー:最大10時間
オーディオ :デュアルステレオスピーカー

Fire 7 タブレット 16GB

ディスプレイサイズ:7インチ
保存容量:16GB
バッテリー:最大7時間
オーディオ:モノラルスピーカー

母ちゃん

Fire HD8の方が全体的に高性能なので、画面も大きいのでいいかなと迷いましたが、実際に持ってみるとFire7が意外とちょうどいい大きさです。特に小さな子どもがメインで使うのがあればFire7で十分かなと思います。

キッズカバー

落下などの強い衝撃にも耐えうるAmazon純正のキッズカバーです。

それぞれのFireタブレットにぴったりのサイズものが、それぞれ販売されています。

created by Rinker
Amazon
¥2,980 (2019/08/24 09:31:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazon
¥2,690 (2019/08/24 11:01:02時点 Amazon調べ-詳細)

すごく軽いのに、全方面からタブレットを保護してくれており、小さな子どもが1人でタブレットを扱っていても親が不安になることがありません。

画面もしっかりとカバーでくるむように、包み込んでくれています。

母ちゃん

子どもの手でも持ちやすいのですが、滑りにくいので、大人であってもKindleなどを読むときにはとても重宝してします。

1年間のFreeTime Unlimited使い放題

FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)の料金は、プライム会員だと月額480円、非プライム会員だと月額980円です。

なので、1年間分の利用料は、プライム会員だと5,760円、非プライム会員だと11,760円になります。

母ちゃん

非プライム会員だと、キッズモデルの本体価格の方が安いくらいですね。これは嬉しいオプションです。

2年間の特別保証

キッズモデルには、2年間の特別保証がついています。この保証は、バッテリー容量の低下などの自然保証に限らず、商品の落下によるディスプレイ画面のひび割れや、商品の水濡れによる電源の不作動など、偶発的な事故にも対応してくれます。

通常のFireタブレットについている90日間の保証は、偶発的な事故には保証がされません。

偶発的な事故への保証も含まれる2年間の延長保証もオプションでつけることができるのですが、実はこのオプションの内容キッズモデルについている保証の内容には、大きく違う点があるのです。

というのも、キッズモデルの保証はあらゆる保証に何度でも対応してくれるんです。

子どもがタブレットに牛乳をこぼしても、テーブルから落として液晶画面を割っても、何度でも新品あるいは新品同様の製品と交換してくれます。

キッズモデルは子どもが使う前提なので、特別に何度でも交換するという特別な保証内容になっているのです!

通常の2年間の延長保証は1度のみの交換なので、ものすごく大きな違いですよね。

母ちゃん

キッズカバーがついているから、よっぽどのことがなければ何度も保証が必要な事件は起こらないのでは?とも思いますが、それでも事件を起こしてくれるのが子どもです。笑

厚い保証があると、安心して購入できますね。

キッズモデルを試算してみた【これはお得!】

・Fire HD8タブレット10,980円
・キッズカバー2,980円
・FreeTime Unlimitedの12ヶ月分利用料(プライム会員5,760円、非プライム会員11,760円)
・2年間延長保証1,980円

合計額は プライム会員19,910円、非プライム会員25,910円

と、キッズモデル11,980円(ただいま3,000円引きセール実施中!)の方がプライム会員でも8千円くらい、非プライム会員だと1万4千円くらい安くなっています。

created by Rinker
Amazon
¥14,980 (2019/08/24 09:31:06時点 Amazon調べ-詳細)
・Fire7タブレット5,980円
・キッズカバー2,690円
・FreeTime Unlimitedの12ヶ月分利用料(プライム会員5,760円、非プライム会員11,760円)
・2年間延長保証1,780円

合計額は プライム会員16,210円、非プライム会員22,210円

と、キッズモデル9,980円(ただいま2,000円引きセール実施中!)の方がプライム会員でも6千円以上、非プライム会員だと1万円以上安くなっています。

これは確実にキッズモデルの購入の方がお得ですね!

Amazon的には、タブレットを買ってくれるなら1年間分のFreeTime Unlimitedの利用料くらいは無料でおまけしておきますよ!という感じでしょうか。笑

FreeTime Unlimitedのサービスは子どもの満足度も高いので、子ども用にタブレットを購入してみようと思っている方や、新たにFreeTime Unlimitedを始めようと思っている方であれば、迷わずキッズモデルを選びましょう!

母ちゃん

ちなみに、私はFire7のキッズモデルを購入しました。理由はFire7のカバーには、スタンドがついているから。

キッズカバーが頑丈なゆえに通常のタブレットスタンドは合わないことが多いので、タブレットをテーブルにおいて動画をみせたいと考えているならばスタンドは必須です!

どうしてFire HD8にはスタンドがついていないのでしょうね・・・

普通のタブレットとしても使える

キッズモデルは子どものためだけのものと思われがちですが、本体は通常のFireタブレットと同じなので、普通の大人用のFireタブレットとして使うこともできます。

大人用のアカウントにログインしているときは、普通のFireタブレットと同じです。

キッズモデルの購入で初めてFireタブレットを使いましたが、Kindleで電子書籍を読むのにキッズモデルはめちゃくちゃオススメです。

というのも、キッズ用のカバーのホールド感がとても良いので、長い間持っていても疲れにくいから。

母ちゃん

それ以外の用途の場合はiPhoneとiPadを私は使っているのでFireタブレットの細かい使い勝手は詳しくないですが、アプリを色々とダウンロードして、色々な用途に使うこともできます。

普通のAndroidのwifiモデルのタブレットという感じです!

子供っぽいのが嫌いな子どもの場合

小学生も高学年になってくると、ピンクやブルーのようないかにも子供っぽい色はいや!という子も出てきますよね。

そんな「子どもっぽいのが嫌いだけど、FreeTime Unlimitedはやりたい!」という場合は、こんな裏技があります。

知らない人が多いのですが、別売りのキッズモデルのカバーにはピンクとブルーだけじゃなくて、黒もあるんです!!!!!

created by Rinker
Amazon
¥2,980 (2019/08/24 09:31:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazon
¥2,690 (2019/08/24 17:43:37時点 Amazon調べ-詳細)

黒がいい!という年頃ならば、キッズモデルを買うのもいいですが、この黒のカバーと本体を組み合わせたセットを作ってあげるのもありかと思います。

母ちゃん

子どもが学校に行ってる間は大人が使い、朝晩は子どもが使うという場合なども、黒のカバーだと大人づかいができるのでいいですよね。私も黒のカバー、欲しくなってきました。笑

まとめ

キッズモデルのFire7タブレットを購入し、FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)のサービスを使い始めましたが、知れば知るほどこのサービスは奥が深くて面白いと感じています。

FreeTime Unlimitedは日本では数ヶ月前に始まったばかりのサービスですが、アメリカでは既に7年間運用されているサービスで、今はFireタブレットだけではなく、AndroidやiOSやkindleタブレットでの利用もできます

また、Echoにも対応しており、のAudibleの子ども向けコンテンツの聴き放題があるなど、今後の日本での展開も楽しみすぎるサービスです。

キッズモデルもあらゆる状況に対応する2年保証や、1年間の無料体験までついている本当にお得なプランなので、FreeTime Unlimitedを始める方はこちらを選ぶことをオススメします。

毎日毎日研究していたら、どんどんFreeTime Unlimitedに詳しくなってきました。研究結果をどんどん記事にしているので、こちらの記事一覧から疑問に合わせて色々読んでみてください!!たくさんの人がこのサービスをよく知ることで、コンテンツがさらに豊富になり、使い勝手も工場していくのが今からとても楽しみです。

母ちゃん

それでも解決しないことがあれば、twitterなどからお問い合わせもどうぞ。