マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

エルゴベビーのアダプトが最強!4人目だけどまた抱っこ紐買ってもいいかもと思えてきたよ

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は新生児からインファントインサートなしで抱っこできる


母ちゃん

5人目妊娠中(臨月)のたかなです。

4人目の出産直後に、エルゴベビーから新作抱っこ紐のADAPT(アダプト)が発売になりました。

「4人目だし、何本も抱っこ紐を持ってるけど、また買ってもいいかも!」と思える最強さ!

購入しようかと色々調べ、今までのエルゴとの違い、アダプトの使い方やメリット・デメリットなどをまとめました

同じように検討中のママの役にもたてると嬉しいです。

ちなみに、今は5人目用に、さらに新しいオムニ360を検討中です。笑(2018.3更新)

エルゴベビー登場からの簡単な歴史

10年前の第1子の時代、エルゴは日本にまだなく、新生児の抱っこといえば、アップリカなどの4WAYを使っての横抱き派スリング派のどちらか。

新生児を縦抱きにするなんて発想は、抱っこ紐業界にはありませんでした。

だから2008年に、エルゴベビーが初めて出てきたときは、首すわり後の重たくなってきた赤ちゃんを軽々と抱っこできる驚異の抱っこ紐でした。

あっという間に広まり、「どこへ行ってもエルゴしか見かけない」という時代が何年か続きました。

わたしももちろん第2子のときにオリジナルを購入。

なんでもっと早く日本に上陸してくれなかったんだ!と思いました。

その後に、「これを使えば新生児も抱っこできる!」とインファントインサートが発売されましたが、その頃はエルゴとベビービョルンの過渡期というか、対決期。笑

新生児にはベビービョルン、首すわり後にはエルゴベビーという使い分けをするママが多かったようにと思います。

そして、2016年。

ついに、エルゴベビーでも新生児を抱っこできるタイプが新登場!

インファントインサートを使っての抱っこは不便だと思っていた私にも、久しぶりにエルゴの新作抱っこ紐を検討する余地がでてきました。

エルゴベビーの新作抱っこ紐:ADAPT(アダプト)とは?

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は新生児からインファントインサートなしで抱っこできる

一番の特徴は、新生児から抱っこができること。

インファントインサートは不要で、抱っこ紐ひとつで完結できるのが便利です。

アダプトの特徴①:インファントインサートが不要

エルゴベビー抱っこ紐、新生児抱っこのためのインファントインサート

新生児を抱っこするのに、インファントインサートが不要なのは、ママにとって想像以上に嬉しいポイントです!

わたしがインファントインサートを好きではない理由は3つ

  • その1:パーツが増える
  • その2:赤ちゃんを抱っこしにくい
  • その3:使える時期が短すぎる

インサートが不便な理由1:パーツが増える

抱っこ紐は、洋服と違って一日中つけているものではなく、定期的につけたり外したりするものです。

特に、新生児時期の赤ちゃんは、授乳もおむつ替えも頻繁なので、頻繁に装着し直します

パーツが多いと、その度にセットが面倒。

その上、わたしのようにおっちょこちょいなタイプだと、インファントインサートだけ下に落としたり・・・な可能性大。

オリジナルの中に、インファントインサートを入れて使ってみたこともありましたが、実際に何度も床に落としました。

抱っこ紐は腰でわたしと繋がっている状態ですが、インファントインサートは赤ちゃんを包んでいるだけなので、赤ちゃんを抱き上げたときに、はずみでぽろっと・・・落ちてしまいがち。

丁寧に扱えば大丈夫なのかもしれませんが、バタバタな日々ではなかなかそうもいきませんでした。

インサートが不便な理由2:赤ちゃんを抱っこしにくい

エルゴベビーのインファントインサートⅡの使い方、インファントインサートは抱っこ紐の上にのせるだけ

インファントインサートに赤ちゃんを装着した上で、抱っこ紐の中に赤ちゃんを入れて抱っこをするのは、安定した場所以外では抱っこがしにくく、不便でした。

頻繁に装着するためには、できるだけシンプルな作りが便利です。

インサートが不便な理由3:使える時期が短すぎる

インファントインサートが使える時期は、たったの3ヶ月ちょっと

大きめの子に至っては、もっと短いかもしれません。

その時期にどれだけお出かけをしますか?

また、インファントインサート自体の重さが320gもあります。

抱っこ紐本体が、オリジナルだと800g程度なので、インファントインサートを使うと抱っこ紐だけで1キロ以上になってしまいます。

赤ちゃんはまだ軽い時期ですが、抱っこに慣れないうちは1キロの違いも負担ですよね。

この場合も、抱っこ紐とインファントインサートが別々になるので、不便でした。

追記

わたしが持っていたタイプのインファントインサートⅠと後続モデルのⅡは、抱っこ紐とつなげることができませんでしたが、今販売されているインファントインサートⅢはスナップなどで取り付けられるようになっています。

これで落とさずに済むし、以前のタイプよりはインファントインサートを使う抱っこも簡単そうです。

ただ、重いことには変わりはありません。(2018.3現在)

口コミ、まとめてみました

Amazonや楽天の口コミから、インファントインサートのマイナスポイントをピックアップしました。

  • 赤ちゃんもママも汗だく!(蒸れる
  • 赤ちゃんの首がガクガク動く(安定性が悪い
  • 冬はアウターを着ているので、インサートの中に赤ちゃんがおさまらない
  • そもそも子育てにも不慣れな時期に、インファントインサートの取り付け方もわからず不安が増した(取り付け方がわかりにくい

母ちゃん

できるだけパーツはシンプルに、わかりやすく。

が 新生児期 & 新米(じゃなくても、忙しいわたしたち)ママには嬉しいですよね。

説明書とにらめっこして、抱っこ紐と赤ちゃんと格闘する・・・

あー、考えただけでもイヤです。

この大変さが、アダプトならありません♡

アダプトの特徴②:肩ストラップがクロス装着できる

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は対面抱っこで肩紐のクロス装着が可能

肩ストラップのクロス装着 は、絶対にあったら便利な機能ですね。

わたしは163センチと小柄な方じゃないし、なで肩でもありませんが、それでもエルゴの肩紐はときどきずり落ちてきます

特に新生児や赤ちゃんの小さいうちは、フィット感が少ないので、ずり落ちやすかったです。

小柄なママやなで肩の方は、わたし以上に頻繁にずり落ちてくるみたいなので、クロス装着ができることでかなり快適度は増すと思います。

ベビービョルンはクロス装着なので、肩紐の安定性ではエルゴより優れてると思っていましたが、クロス装着もパラレル装着も選べるなら、アダプトが圧倒的に有利ですね。

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は対面抱っこで肩紐のクロス装着が可能

ただし、クロス装着の方が、慣れるまではパラレル装着よりもちょっと難しそうです。

アダプトの特徴③:月齢に合わせてシート幅やヘッドサポートの調節が可能

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は月齢に応じてシート幅を調節

アダプトは、月齢に応じたシート幅の調整が可能

今までのエルゴは、幅が調節できず、赤ちゃんが小さいうちは足が抱っこ紐に圧迫されて苦しそうな気がしてました。

アダプトだとシート幅が3種類に調節できます。

その1:0〜3ヶ月(50.8cm〜61cm)
その2:3〜9ヶ月(61cm〜71cm)
その3:9〜48ヶ月(71cm〜)

フロントストラップで足がM字になるように調節することもできます。

エルゴベビー抱っこ紐ADAPT(アダプト)は月齢に応じてシート幅を調節可能

今までは小さい赤ちゃんだと右端の絵のように、足がちゃんとM字にならなかったり、なっていても圧迫されてそうで心配でしたが、これなら月齢や身長体重に合わせて使い分けられるので安心感がありますね。

ヘッド & ネックサポートも調節できます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)は、ヘッド&ネックサポートも月齢に合わせて調節可能

これもアダプトからの新機能。

月齢に合わせた幅でしっかりと赤ちゃんの頭を支えてくれるので、首がまだぐらぐらしている新生児にも安心して使えます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)は、ヘッド&ネックサポートも月齢に合わせて調節可能

7週目頃に首が据わってきたら、頭が出るように。

大きくなって抱っこのまま寝てしまったときは、ヘッドサポートを上にあげて頭を支えられます

アダプトの特徴④:オリジナルよりも軽い!

個体差はありますが、

  • オリジナル:800g
  • アダプト:730g

と、100gほどの差があります。

約300gあるインファントインサートも使わずに済むことを考えると、新生児期は圧倒的な違いですね。

ADAPT(アダプト)の装着の仕方

対面抱き・パラレル装着

パラレル装着の基本的な抱きは、オリジナルと同じです。

対面抱き・クロス装着

ちょっと難しそうな、クロス装着は画像でも説明しますね

①肩ストラップを長めにした状態で、外しておきます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

②赤ちゃんを支えながら、ベビーウエストのバックルベルトを、キャリアアタッチメントに差し込みます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

③ベビーウエストベルトの長さを調節したら、キャリアアタッチメントのスナップをとめます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

このとき、赤ちゃんはママの方をまっすぐ向いて抱っこされている状態です。

④赤ちゃんを支えながら、抱っこ紐本体を赤ちゃんにかぶせます

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

⑤片方の肩ストラップを肩にかけ、背中をクロス。反対側の安全用ゴムループを通してから、カチッと音がするまでバッグルを差し込みます

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

⑥もう片方の肩ストラップも、同様に背中をクロスさせ、安全ゴムループを通してから、バッグルを差し込みます。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

肩ストラップの長さを調節します。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

肩ストラップの交差している部分が、背中の中心になるように調節します。

エルゴベビーの抱っこ紐ADAPT(アダプト)の対面抱き・抱っこ(クロス装着)

母ちゃん

片手で赤ちゃんをおさえながら、後ろで肩ストラップを交差する作業が、慣れないうちはちょっと大変そう。

でも、それはパラレル抱きでもたぶん一緒。

慣れさえすれば、さらっと抱っこできるようになりますよ。

最強の抱っこ紐、エルゴベビーアダプトのまとめ

新生児から使うなら、絶対にアダプトがおすすめ!

新生児から使いたいなら、圧倒的にベビービョルンよりも、他のエルゴの抱っこ紐よりもおすすめです!

ベビービョルンよりもアダプトがいいところ

  • パラレル装着のほかに、ベビービョルンと同じクロス装着もできる
  • 肩紐がしっかりしているので肩や腰への負担が少なくて済む(軽く感じる)

オリジナルよりもアダプトがいいところ

  • 新生児からインファントインサートなしで使える(=軽い)
  • 赤ちゃんのサイズに合わせてシート幅などが調節できる

4ヶ月以上なら、オリジナルも検討の余地あり

既に、4ヶ月以上ならば、オリジナルでも良いかもしれません。

オリジナルの方がアダプトよりいいところ

  • デザインが豊富
  • 機能がシンプル
  • 価格が安い

 

価格についてですが、ダッドウェイの公式サイトでは定期的にセールをしています。

オリジナルは特に安くなることが多く、1万円ちょっとでかわいいデザインの抱っこ紐が買えるので、新生児期はなんとか抱っこ紐なしでも乗り切れるわという方なら、ぜひオリジナルもみてみてください。

エルゴベビーの抱っこ紐オリジナルはDADWAYの公式サイトがお買い得。1万円ちょっとで購入可能。

 

2018.3.18時点で、すべてのオリジナルの抱っこ紐がセールになっていました。

ほとんどの抱っこ紐がアダプトの半額以下なので、検討の価値ありですね。

購入は公式サイトが安心な上にお得です

偽造品が出回っています

エルゴベビーの日本唯一の正規代理店である株式会社ダッドウェイでは、偽造商品の注意喚起をしています。

偽造商品について(公式サイト)

簡単に注意項目についてまとめると、

  • 偽造商品は、正規の商品の写真を使って商品説明をしていることがあり、見分けがとても難しい
  • 偽造商品は、日本の基準を下回る強度のものが多く、赤ちゃんの危険性が高い
  • 偽造商品は、保証がされない

 

となっています。

赤ちゃんの安全が第一なので、必ず公式サイト正規取扱店舗で購入してくださいね!

公式サイトがお得な理由

Amazonなどと違うところは、

  • 新規会員登録で500円分のポイントがもらえる
  • いつでも5%のポイントがつく
  • 毎月8のつく日(8日、18日、28日)はパパの日。ポイント2倍!(10ポイント)がつく
  • ポイントは次のお買い物のときに、1ポイント=1円で使える
  • 5,000円以上で送料無料

ということ。ポイントで防寒カバーなどが購入できるのが嬉しいですね。

エルゴ以外にも、ダッドウェイはおもちゃのサッシーや哺乳瓶のNUKなどの取り扱いがあり、それらの商品の購入にポイントを使うこともできます。

こちらの記事も合わせてよみたい。

どう違う?エルゴベビーの抱っこ紐。オリジナル、アダプト、オムニ360を比較
エルゴでどこでも”抱っこ紐授乳”のやり方
エルゴでどこでも”抱っこ紐授乳”のやり方/これで授乳室探しともお別れ
アフタヌーンティーといえば、パークハイアット東京
子連れのアフタヌーンティーならパークハイアットがおすすめ。赤ちゃん連れでも楽しめる新宿の穴場スポット
新宿の授乳室レビューまとめ
本当は教えたくない!休日でも空いてる新宿の穴場の授乳室

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします