マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

土鍋生活のススメ


やっぱりマクロビオティックをするものとして、基本の土鍋であるマスタークックを買うことは洗礼みたいなものでしょうか。笑

私も3サイズ持っていて、小さな2サイズは、毎日朝昼晩とフル稼働。

土鍋(マスタークック)

使いやすいマスタークックの土鍋

私が使っていて一番便利!と思うのが、洗ってすぐでも火にかけられること(推奨はしてないと思いますけど)。

一般的な土鍋と違い、そこの部分に穴がほぼないので、入り込んだ水分が膨張して割れるという可能性がとても少ないので、どんどん使って、どんどん洗って、またどんどん使えるから使っちゃう。

とはいえ、底に水がしみ込まないように気をつけたり、つけおきの後はしっかり底を乾かしてから保存・使用してます。保障はないので、洗った直後に火にかけたい方は、ご自身の責任の範囲でお願いします!

さて、私が使っている子たちをもう少し詳しく説明しますね。

一番小さいのが、マスタークック3合浅鍋

マスタークック 3合浅鍋は(写真左)、ちょっとした炒めもの(きんぴらやひじきの煮物)、少量の煮しめを作るときに。

毎日のご飯には、NEWマスタークック3合炊飯用土鍋

○3合浅鍋を深くした形のNEWマスタークック3合炊飯用土鍋(写真右)は、炊飯向けにバージョンアップしたものなので、内鍋付きですが、ご飯を炊くだけではなく、スープを作る、多めの煮しめを作る、といった日常的なお料理に。

最初の土鍋には、マスタークック3合炊深鍋を

※内蓋なしのマスタークック 3合炊深鍋もあります。鍋の上部がすぼまっていないので、炊飯以外にもたくさん使いたい方には、こっちの方が便利かもしれません。もちろんこれも持ってました。笑
落として割っちゃったんですが・・・。

 

大家族や鍋料理もたくさんしたいなら、マスタークック 6合炊深鍋

○上の写真にはありませんが、マスタークック 6合炊深鍋は、お鍋をするときの一般的な平べったい土鍋を深くしたようなサイズで、ご飯を多めに炊くとき、たっぷりスープやうどんなどを入れた鍋を作る、大きめの蒸籠を使う時にお湯を沸かす鍋として・・・などと+αの時に活躍♪
私が以前割っちゃったものの大きなサイズです。

これが必要なのは大家族だけ!?笑 NEWマスタークック6合炊飯用土鍋

このサイズでも、内蓋付きの炊飯が得意なNEWマスタークック6合炊飯用土鍋はあります。

マスタークックデビューの方には

まずは1つと思われる方は、内蓋なしのマスタークック 3合炊深鍋からチャレンジされることをお勧めします。

ご飯を頻繁に炊かなくても罪悪感ないですし、何にでも使いやすいので、マスタークックになれるまでの練習にはぴったり。

土鍋も子どものように目をかけ、手をかけてあげると喜びます。

私の子たちは、日々子供たちと戦っているうちに、吹きこぼれたり・・・で、鍋周りが結構味のある感じになりました(; ;)

ちゃんと目をかけてあげないと怒るのは子どもと同じですね。笑

料理に完全に集中、はもう少し後でしょうか!?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします