マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

おすすめの布巾5つ、ワーママ主婦歴10年を経て本当に使いやすかったものだけ紹介

わたふ(和太布),びわこふきん,びわこα


母ちゃん

主婦歴10年以上、5児の母&ワーママの母ちゃんです。

働きながら、家事も育児もとなると、いかに効率良くするかを追求してしまいます。

たくさんのものを試して、がっかりしたり、喜んだり、そんな中で最終的に残っているふきんをご紹介します!

全てのふきんに共通するGOOD POINT!

その1:酸素系漂白剤が使える

白ベースなので、石鹸でも落ち切らない汚れがあったら、酸素系漂白剤に浸けておけば、あっという間に元どおりの白さに戻ります。

POINT
塩素系の漂白剤は臭いも成分も嫌いなので、母ちゃんは漂白剤は酸素系しか使いませんが、よっぽどのことがない限り、塩素系じゃないと落ちないものはありません。

酸素系と塩素系の漂白剤の違いとは?
→後ほどリンクします!

その2:もちろん煮沸もできる

どのふきんもガシガシ洗っても全然へたらないし、高温にも強い綿素材なので、煮沸での殺菌もできます。

煮沸でも、また元どおりの白さに。

漂白剤とはまた違う、ぐつぐつしたあとのさっぱり加減が好きです。

布巾やスポンジの煮沸の仕方とは?
→後ほどリンクします!

その3:乾くのが早い

ふきんを使っていて嫌な瞬間は、生乾きのくさ〜い臭いがしてきた時ですよね。

使用後に最低限の処置は必要ですが、どの布巾も乾くのが早いので臭うこともありません。

POINT
夫が使って、汚れをきっちり落とさず、そのまま畳んだ状態で台所に放置していたときは・・・若干怪しい臭いがしかけてましたが、すぐに洗い直したら大丈夫でした!

ふきん使用後の最低限の処置とは?

  • 使ったら洗って汚れは落としておく
  • 乾きやすいように広げて干しておく

たったこれだけです。

普段のお手入れ方法は?

  1. 使ったら汚れを水洗いで落とす
  2. コンロなどの頑固な汚れは石鹸を使って洗う
  3. 石鹸でも落ちない汚れや、ジュースなどのシミ系は漂白剤を使ったり煮沸をする
  4. まとめて洗濯機にかける
  5. 干す(できれば風通しの良いところで天日干し。うちは夜にまとめて洗濯なのでお風呂場で除湿機&サーキュレーターですが、朝にはカラッと乾いているので臭くはなりません。余裕のあるときに、ちょっと天日に当てて日光消毒。)

おすすめのお手拭きふきん

IKEAのキッチンクロス(ELLY)4枚入り
Amazon 楽天市場

サイズ:65×50センチ
素材:綿100%

インスタやおしゃれなレシピの本などでも、このふきんをテーブルマットがわりに敷いているのを見かけます。

安いしお手軽で、おしゃれに見えるので、活用方法は色々ありそうですね。

母ちゃん

母ちゃんはもっぱらシンク下にかけて、お手拭きタオル代わりに使っています。

タオルに比べるとずっと薄いのに、吸水性はバッチリだし、乾きも早い!

べちゃべちゃになったりもしないので、毎回変えなくても大丈夫なのも嬉しいところです。

おすすめの台拭き/こどもの手拭き

白雪ふきん2枚入り
 Amazon 楽天市場

この白雪ふきんは、昔は夏に使われていた蚊帳生地で作られています。

薄い蚊帳生地を重ねて縫っているので、水分や汚れをぐんぐん拭き取ってくれます。

綿とレーヨンが半々で、使えば使うほど、どんどん気持ちのよいくたくた具合に成長します。

特に水気を含んだときは、こどもの手や口を拭くのにちょうど良い柔らかさに。

母ちゃん

わたしはズボラなので、食後は綺麗なものを濡らしてたたみ、子どもの手や口を拭いちゃいます。

違う面でテーブルを拭いてから、水洗いするとたくさんのふきんを使わずに済むので楽ですよ。

台布巾を徹底活用するためのたたみ方
→後ほどリンクします!

おすすめの食器拭きふきん

白雪ふきんを使っていた時期もありましたが、ちょっとした事件があってからは違うものを使うようになりました。

事件とは・・・

包丁で布巾をスパッと切っちゃったよ事件

です。

研ぎに出したばかりの包丁を、白雪ふきんで拭いたところ、薄い生地の中心が2枚ほどスパッと切れてしまいました。

目が詰まっているせいか、切れた部分から糸が出てきて困るとか、そういったことはないのですが、

その後からどうしても、包丁を拭きたくなくなりました。

ちょっとしたことですが、実際に使うどうか、ってこういうことで決まったりするんですよね・・・とほほ。

そこで、新しく登場したのが、こちらのふきん。

ビストロ先生やわらか水吸いふきん2枚入
 Amazon 楽天市場

綿100%の昔ながらの”がら紡ふきん”で、吸水力が高いです。

イメージがつきにくいかもしれませんが、がら紡の糸は凹凸があるざっくりとした太い糸で、こんな風に大きく隙間がある織り方がされています。
ビストロ先生やわらか水吸いふきん2枚入

「こんなに隙間だらけで、しっかり拭き上げられるの?」
と疑問に思うかもしれませんが、普通の不識布のふきんと比べると給水力は2倍近く!
ビストロ先生やわらか水吸いふきん2枚入
サンベルムHPより

母ちゃん

本当は次に登場する和太布(わたふ)かびわこふきんを使おうかとも考えましたが、すでに違う用途で使っていたので、ひとまずこちらをお試し。

今のところ、日常の食器拭きとしては間に合っているので、採用中です。

大判のものの方が使いやすい方や、鍋などの大物をガシガシ拭きたい方には、一回り大きい大判タイプもあります。

おすすめの顔/体洗いふきん

既にネタバレしちゃいましたが、顔や体を洗うタオルとして、びわこふきんとびわこαを使っています。

白と生成りがあり、上からびわこ、和太布、びわこα

びわこふきん:32×35cm
Amazon 楽天市場

和太布(わたふ):34×55cm
Amazon 楽天市場

びわこα(あるふぁ):32×100cm
Amazon 楽天市場

目の粗い順だと、粗い方から、
①びわこふきん、②びわこα、③和太布(わたふ)

びわこも昔ながらの”がら紡ふきん”です。

母ちゃん

びわこふきんを食器洗い用に、和太布を食器拭き用に使っている方が多いようですが、私はびわこふきんを顔洗いに、びわこαをお風呂での体洗い用や、洗面所のお手拭きタオルとして使っています。

自然食品業界では昔から有名なふきんなのですが、有元葉子さんが著書の中で、キッチンから洗面所、体を拭くタオルも全て和太布で揃えていると書かれたことからブームが到来。

参考にしたい!と思える台所道具もたくさんあるので、キッチンにこだわりたいなら「有元葉子の道具選び」も一見の価値ありです。

一時期はお店がびっくりするほどにすごく売れて、売り切れ続出だったようです。

びわこを使うと洗剤がなくてもほとんどの汚れが取れますし、吸水性もビストロ先生のふきんと同様にものすごく高いです。

母ちゃん

食器にもいいのだったら、私の顔の汚れ取りにもいいよね、と始めたのがいつの頃やら。

基本的にクレンジングの必要な化粧もしないので、顔を洗うといっても、朝はびわことぬるま湯でさっと洗うだけだし、夜もびわこでさっと洗ってから、洗顔をして、もう一度さっと洗うだけ。

気をつけないと、ゴシゴシしちゃいがちなのがたまに傷ですが、それを除けば、古い角質もかなりの確率で取ってくれるので、いつもお肌がぴかぴかです。

びわこαは同様の働きをしてくれる上に、びわこよりやや厚手で細長いので、背中を洗うのにも重宝します。

こちらも普段はお湯をつけただけで、軽く肌をなでるようにして洗うだけ。

膝やかかとなどの硬い部分だけ少しゴシゴシ洗うと、これまた全身つるつるに。

お風呂からあがったあとは、そのまま他の服と一緒に洗濯機で洗ってます。

まとめ

さいごにおすすめのふきん、もう一度まとめますね!

  • IKEAのキッチンクロス(ELLY)
  • Amazon 楽天市場

  • 白雪ふきん
    Amazon 楽天市場

  • ビストロ先生やわらか水吸いふきん
  • Amazon 楽天市場

  • びわこふきん:32×35cm
  • Amazon 楽天市場

  • 和太布(わたふ):34×55cm
  • Amazon 楽天市場

  • びわこα(あるふぁ):32×100cm
  • Amazon 楽天市場

    和太布も入れたら、6つになっちゃいましたが・・・笑

    どれもオススメです!

    母ちゃん

    使い勝手は人によって違うと思うので、白雪ふきんや和太布を食器拭きに、ビストロ先生を台拭きでも。

    どの用途で使っても、とにかくメンテナンスがしやすくて、吸水性の高いふきんばかりなので、ふきんの臭いや使い勝手に嫌気がさしているかたは、まず今回ご紹介した5つのふきんをぜひ試してみてください。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします