マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

会社選びはパートナー選びと同じ。どちらもたまたま目の前にあったものでしかない。


母ちゃん

5児の母ちゃんのクレ嫁 こと すずきかな@muji_seikatsuです。

あなたは理想の仕事をしていますか?

理想のパートナーと結ばれていますか?

理想と言われると…私は、、、どうかな〜笑

会社選びとパートナー選びは同じ

“理想の会社を選ぶことは、カップルが理想の相手を選ぶことと似ています。”

理想の相手選びって?

地球には70億人の人間がいて、女性と男性はだいたい半々です。そのうち結婚適齢期の人が半数ぐらいいると家庭すれば、それぞれ17億人ほどいる計算になります。17億人にも及ぶ人を丁寧にスクリーニングして、自分にとって理想のパートナーを見つけている人は世界中どこにもいません。たまたま出会った人と相性がよく、たまたま結ばれたにすぎません。人生を送る上で何よりも大事なパートナー選びでさえ、その実態はほとんど偶然が左右しているのです。「働き方」の教科書:「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本 出口治明

母ちゃん

私はいつもお出かけすると、「よくぞ世の中にこれほどたくさんのカップルが、この人と一緒にいたいと思う人同士がいるもんだ」と思いながら、歩いてます。笑

不思議じゃないですか?

世の中にはたくさんの男女がいるのに、どうしてその人を選んだの?

もっといい人がいると思わなかったの?

って思っちゃう。笑

いや、じゃあ、お前はどうなんだよ!

って思うと思いますが、そうなんですよ。

もっといい人はいるかもしれないけど、今、私が出会った中では、私にとってベストな人だから彼といるだけ!

もうただただそれだけです。

相性がいいならそれでいい

一生探し求めたら、もしかしたら地球の裏側に私の理想の人がいるかもしれない。

でもさ、そもそも理想って何だろうっていう話で、条件をあげればキリがないし、その条件を満たす人が私に合うかどうかもわからないし、その条件を満たす人が私を好きになってくれるかもわからないし、そもそも私がその人を好きになるかもわからない!!!笑

だったら、今、相性がいい感じられ、一緒にいたいと思える人と一緒にいればいい。

会社選びも同じ

理想を思い求めたら、永遠に理想の会社には出会えないかもしれない。

それよりも、今、ここで働きたいと思える会社で働きながら、何が自分が楽しいか、何を得られるか、何がしたいのかを探り続ければいい。

その中で、より合う環境が会社がみつかれば、会社や働き方を変えればいい。

出会いはすべて必然だし、知らず知らずの内に今の自分にとってベストな仕事や会社に出会っているはず。

会社や働き方にぶつくさ言ってる暇があったら、今、目の前の仕事に集中して、成果をあげること。

それを繰り返していく内に、また見えてくるものがある。

まとめ

現代は終身雇用制の時代ではなく、会社もパートナーも変えることが出来る時代。

変化には必ず痛みが伴うから、何度も何度も気軽に変えることはできないかもしれない。

でも、会社もパートナーも今の出会いがあったからこそ、次がある。

母ちゃん

理想のパートナーとか、理想の会社とかぐだぐだ言ってる暇があったら、今をもっと楽しむための方法を考え、今目の前にいる人を大切にしよう♡

そうそう、ついに私もLINE@はじめました!!!

10月からのイベントや新サロンの募集などはLINE@で先行してお知らせしますので、ぜひお友だち登録してね♡

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします