マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

予定日が過ぎても陣痛がこない!陣痛を促進し、安産にする漢方薬

予定日になっても陣痛がこないなら、漢方薬で出産を促すつもり


母ちゃん

もうすぐ5人目出産予定のたかなです。

臨月になってからは、いつ陣痛がくるかとドキドキハラハラの日々です。

早すぎるのも心配ですが、初産だと特に遅れるのも心配ですよね。

わたしも今回は事情があり、予定日から数日がリミット。

もしも予定日になっても陣痛がこなかったら、漢方薬で陣痛を促す予定です。

予定日を過ぎても陣痛がこないのは問題?

「予定日になっても陣痛がこなかったら、陣痛を促す漢方薬を飲むつもり。」

なんていうと、「予定日に陣痛がこないのは問題!?」

と思われるかもしれません。

でも、「正期産」と呼ばれる分娩期間は、妊娠37週0日~41週6日です。

初産婦でも経産婦でも、出産予定日から2週間が経ち、妊娠42週に入っても陣痛がこなかった場合には、心配が必要ですが、それ以前であれば通常の範囲。

赤ちゃんが大きすぎる、ママのお腹の張りが強いのに陣痛はこないなど、トラブルがない限り、心配はありません。

42週に入ると、「過期妊娠」と診断され、週に2回以上病院で経過を観察することになります。

わたしの場合は、ちょっと特別な事情なので、初産婦の方は特に、予定日に神経質にならないでくださいね。

37週に入ったら、安産に向けた準備スタート

安産、そして陣痛を促す方法として、いくつかの簡単なものがあります。

やり過ぎは禁物ですが、正期産の範囲に出産するためにも、出産しやすい体づくりの仕上げや子宮の収縮を促す活動を知っておきたいものです。

その1:よく歩く

たくさん散歩をしましょう。

血行がよくなり、むくみも解消されやすくなります。

血の巡りがよいことで、出産も軽く、産後も母乳の分泌がよくなります。

その2:スクワットや階段昇降

スクワットや階段昇降をすると、骨盤底筋が鍛えられます。

また、骨盤に赤ちゃんの重さがかかって骨盤が広がりやすくなるため、赤ちゃんが子宮内で下りやすくなります。

その3:おっぱいマッサージ

おっぱいをマッサージでホルモンが分泌することで、子宮の収縮を促します。

産後の母乳分泌のためにも、37週を過ぎたら乳頭のマッサージは始めた方がいいでしょう。

その4:やさしいセックス

セックスをすると、子宮の収縮を促されることがあります。

物理的に子宮口への刺激もあるので、陣痛が促進されることもあります。

その5:よもぎ蒸しをする

一般的には妊活中にするといいと言われているよもぎ蒸しですが、実は子宮収縮効果があります。

そのため、妊活中であっても排卵日以降のよもぎ蒸しは避けるように言われています。

母ちゃん

わたしは以前、「よもぎ蒸し=冷え性改善」としか知らず、妊娠中に行ってしまいました。

その翌日に、34週の早産で第4子が生まれてきたので、よもぎ蒸しの子宮収縮効果はかなり強いと思っています。

産後の子宮回復として、韓国で600年以上も前から伝わる民間療法でもあります。

安産や陣痛を促す漢方薬、桂枝茯苓丸加薏苡仁

安産や陣痛を促す方法をいくつかご紹介しましたが、最後にわたしが今回使おうと思っている、陣痛を促進する漢方薬をご紹介します。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがん かよくいにん)は、別名:催生湯(さいせいとう)とも呼ばれ、分娩をスムーズにする安産の補助薬として知られています。

子宮口が開いてきたのに、お産が進まなくて困っている妊婦さんに処方されることが多い漢方薬です。

また、病院についてから服用すると、分娩が進みやすくなり、長い陣痛に耐えることなく、出産を迎えることができるそうです。

タイミングは選んだ方がいいですが、異常なほどの子宮収縮を促す、といったものではないので、安心して使っても大丈夫。

    一般的には、体力は中くらい以上で

  • 肩こり
  • 頭重(ずじゅう)
  • めまい
  • のぼせ気味だが足は冷える
  • などの症状がある人の

  • 月経不順
  • にきび
  • しみ
  • 手足の荒れ
  • 血の道症(女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状)
  • などに処方されます。

参考文献

まとめ

母ちゃん

第5子の予定日は、3月末。

4/1までに生まれないと、既に内定している認可保育園に入れなくなっちゃうのです・・・

予定日が近づいたら、色々な方法を試して、最後には漢方にも頼って、なんとか4/1までには産みますね!笑

妊娠後期(臨月)のむくみ(浮腫)解消法
妊娠後期(臨月)のむくみ解消法!妊婦健診で助産師さんに聞いてきたよ
妊娠性痒疹(ようしん)がかゆくて辛い!
妊娠性痒疹が治ったよ。薬でかゆみを抑えるより原因を消す方が跡も残らず安心。
妊娠中(妊婦)も安心して使える漢方薬 当帰芍薬散錠
妊婦向け漢方薬。安心して使える太鼓判を1つだけ紹介
産後の母乳の分泌促進、イライラ予防に漢方薬を
産後の母乳分泌を促す漢方薬。産後の肥立やイライラも軽減
保育園出生前仮申し込み
出生前の保育所利用申込とは?出産前でも認可保育園に申込みができるよ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします