マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

みかんの皮が薬に!?冷え性によく効く陳皮の作り方


母ちゃん

みかんの実は体を冷やしますが、陳皮は体を温めてくれます。
冷え性の方・不妊などで悩んでいる方はぜひ試してみてください。




所要時間:3分(干す時間除く)

陳皮(ちんぴ)とは?

みかんの皮を乾燥させて作った生薬(漢方薬)です。

本格的な生薬の場合は、1年ほどかけて黒ずむまで乾かしたものを使いますが、簡易的なものなら家庭ですぐに作ることができます。

陳皮の成分

その1:皮の部分には、リモネンなどの精油成分が

皮の部分にはリモネン、リナロール、テルピネオールを主成分とする精油が含まれています。

  • リモネン:リラックス効果があり、ファイトケミカル成分のひとつでもあります。
  • リナロール:鎮静作用に優れており、心を落ち着かせたいときに使用します。
  • テルピネオール:香料に使われることが多いです。

その2:果肉部分には、クエン酸が

果肉にはクエン酸やビタミンC・カロテンも豊富に含まれています。

陳皮の効能

その1:体を温める

血行を促し、新陳代謝を高めます。冷え性には嬉しいですね。

その2:消化力アップ

胃にたまったガスを追い出して、消化を促します。整腸作用があります。

その3:喉の痰切り作用

みかんの実の白い筋(桔絡(きつらく))には、喉にたまっている分泌物を出す作用があります。余分な水分を追い出す力もあります。

陳皮の作り方

母ちゃん

なんとなく良さそう!と思たら、作業はたった3分!
ぜひ一緒に作ってみましょう。

その1:みかんの皮を用意する

できるだけ無農薬・ノーワックスのみかんを用意します。

POINT
表面にワックスがついているみかんの場合は、皮をむく前にしっかりと洗います(少し塩をつけてこすっても)。
殺菌を兼ねて、皮だけを熱湯で1分くらいだけぐつぐつとしても。

その2:干す

皮をざっくりと刻んだら、ザルなどに広げて、水分が抜けるまで干します。

POINT
揚げ物用の粗い網の上などでも大丈夫です。
カラッカラになるまで、ひたすら放置します。
1週間くらいが目安です。

その3:保存する

カラッカラになったら、できあがり。
清潔な容器に入れて保存します。

POINT
フードプロセッサーやミルサーなどで、粉末にしておくと使いやすいです。
しっかり乾燥していれば、ジップロックなどに入れて手でもんでも粉になります。

母ちゃんおすすめのフードプロセッサーは?

こういうシンプルなフードプロセッサーがひとつあると、料理の幅が広がります。

母ちゃん

 Amazon  楽天市場

陳皮の使い方

その1:紅茶に入れる

陳皮粉末少々を紅茶に加えます。

その2:ふりかけにする

ごはんにかけて、ふりかけとして食べます。

その3:薬味にする

ゆず胡椒などのように、柑橘系の薬味として鍋や味噌汁、サラダなどの薬味として使います。

その4:お風呂に入れる

大きい状態の陳皮をネットなどに入れて、お風呂に入れます。

まとめ

母ちゃん

干す時間は長いですが、放っておくだけでできちゃうので、みかんを買ったら綺麗に洗ってから皮をむいてくださいね!あとは切って干すだけでできあがりです。漬物などにちょっと入れてもさっぱりしたアクセントになっていいですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします