マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

シーリングファンのメリット・デメリット。賃貸マンションに設置して効果を体感

シーリングファンの効果(メリットデメリット)


母ちゃん

5児の母ちゃんのたかなです。

ちいさな賃貸マンションに暮らしていますが、エアコンの効率をよくしたり、室温のムラをなくすべく、シーリングファンを設置しています。

実際に設置してみてよかったこと、大変だったことなどを今回はお伝えします。

シーリングファンを賃貸マンションに設置

シーリングファンの選び方、設置方法についてはこちらをどうぞ。

賃貸マンションでシーリングファンを設置
賃貸マンションでシーリングファンを設置。軽量薄型なら天井に設置可能

シーリングファンの効果

室温のムラが減少

一般的なシーリングファンの効果は、空気を撹拌(かくはん)して、室温のムラをなくすこと。

そうすることで、エアコンなどの暖房の効率をあげることです。

設置してみると、下にたまりがちだった冷気は上にあがり、上にたまりがちだった暖気は下におりてくるようになりました。

シーリングファンの効果(メリットデメリット)

エアコンから離れた場所に寝かせていても、赤ちゃんが冷気にさらされるのがいやだったのが一気に解決。

シーリングファンの効果(メリットデメリット)

冬も足元がスースーしにくくなり、一年中、暑すぎず、寒すぎずをキープできるようになりました!

エアコン代(電気代)も減少

シーリングファンを設置前に比べて、エアコン代も減少。

設置前は出かけたり、寝たりするたびに切ったりつけたりを繰り返していたエアコンを、ずっと付けっ放しに変えたのも効果的だったのかもしれません。

シーリングファンのデメリット

ただただ大絶賛!

といきたいところですが、明らかにデメリットだと感じる点もあります。

それは、ほこりの掃除が大変になったこと。

その1:シーリングファンの羽根の部分にほこりがたまる

くるくる回って普段はみえない、シーリングファンの羽根の部分にほこりがたまります。

時々止めて拭き掃除をしてあげないと、久しぶりに止めた瞬間にほこりが部屋中を舞います。笑

頻繁に拭いてあげればさっと取れるレベルなので、時々は止めてはたきや濡れ布巾でほこりをとってあげましょう。

その2:部屋の隅にほこりがたまる

シーリングファンは空気を循環させる効果がある分、ほこりを隅に追いやる力も絶大です。

すごい頻度で、部屋の隅にほこりがたまっていきます。

ソファの下などは、1日や2日でもうほこりのカタマリができています。笑

ほこりは赤ちゃんにもよくないので、今まで以上に頻繁な掃除が必要になりました。

シーリングファンについての心配・疑問

購入前には、いくつか心配に思うことがありました。

その1:圧迫感はないのか?

慣れるまでの間は、若干の違和感がありました。

届いてびっくり!なそれなりのサイズですし、天井でずっと動いてますので。

でも、天井の色と同じ白だったこともあり、人は慣れるものです。

あっという間に気にならなくなり、圧迫感を感じることもありません。

その2:効果は本当にあるのか?

効果についてはメリット・デメリットで書いたとおり、明らかにあります!

さまざまな意味で、空気を循環することは部屋にとっていいことだらけです。

その3:うるさくないのか?

音には割と敏感なわたし。

心配でしたが、これもほぼ気になりません。

最初はわずかに何か聞こえる気もしましたが、すぐに慣れました。

まとめ

母ちゃん

エアコンの効率化も含めて、シーリングファンの設置はメリットずくし。

掃除だけちょっと大変ですが、頻繁に窓もあけて、空気の入れ替えもすると少し負担は減ります。

迷ってる方はまず自分のおうちの天井に設置できるかの確認からはじめましょう。

賃貸マンションでシーリングファンを設置
賃貸マンションでシーリングファンを設置。軽量薄型なら天井に設置可能

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします