【レビュー】下北沢のカフェ ヴィエット アルコ(cafe viet arco)は子連れにも作業にも、お茶にもご飯にも快適なカフェ

母ちゃん

こんにちは!5児母のクレイジー母ちゃん@muji_seikatsuです。

梅雨が明けてからの丸1週間、家のエアコンが壊れて、カフェを放浪し続けていました。

毎日毎日放浪してるので、近所のカフェだけじゃ物足りなくなってしまい、わざわざ涼しい電車に乗って、各地へと足を伸ばした日々の中でもイチオシのカフェが、下北沢の西口すぐにあるカフェ ヴィエット アルコ (cafe viet arco)です。

下北沢のcafe viet arcoは子連れにも作業にも、お茶にもご飯にも快適なベトナムスタイルカフェ

「今日はベトナムカフェに行こう!!」と夫に連れられて行った、カフェ ヴィエット アルコ。

ベトナムをイメージしながら行ってみたら、実際はアジアンアジアンしておらず、ベトナムのスタイルを洗練して取り入れた、おしゃれなカフェでした。

席は広くて、ゆったりできます

ほとんどの席がゆったりとしたソファ席で、子連れでもゆったりできます。

1人でご飯やお茶に来ている人もちらほらいたり、Wi-Fiがあるので、私たちのようなシェアオフィス替わりの場所を探している人たちにも嬉しい場所です。

ベトナム料理だけやなくて、カフェメニューも豊富

ドリンクがセットでつくランチメニューは種類が豊富で、どれにするか考えるだけでもワクワクしてきます。

母ちゃん

今回はランチ後でお腹がいっぱいだったので、ご飯メニューは泣く泣く諦めました。次回はきっとフォーを食べるぞー!!!

いや、ガパオライスもいいな・・・

ドリンクメニューもめちゃくちゃ豊富で、かなーり迷いました。

ベトナムカフェならではのお茶のメニューがたくさんあります!

スイーツのメニューも豊富で、聞いたことのないベトナムならではのスイーツもちらほら。

今回頼んだものはこれ!!

色々と目移りしつつも、チャイ好きの私は「チャイフロート」を、夫は「バナナと豆乳とココナッツミルクのチェー」と「自家製チャイ」を頼みました。

チェーとは、ベトナムのローカルスイーツの代表格で、甘く煮た豆類や芋類、寒天や果物など複数の具材を合わせて食べるもの、伝統的なデザートで、温かいものと冷たいものがあります。

「チャイフロート」は、細長ーいガラスのコップに入ってでてきました。

甘くないタイプのチャイの上に、これまた甘さ控えめのバニラアイスが乗っていて、私にはちょうどいい味♡

長い木のスプーンがついていて、これでちょっとずつアイスを食べました。

「バナナと豆乳とココナッツミルクのチェー」は、シンプルな味付けで、甘みが強いトッピングも入ってなくて、後口の良い食べやすいスイーツでした。

母ちゃん

チェー自体は、温かいもの冷たいもの、とろとろのものサラサラのもの、色々あるみたいですが、こちらはほんのり温かいサラサラのものでした♪ 一口味見させてもらいましたが、美味しかったです。

以上、カフェ ヴィエット アルコ(cafe viet arco)は、子連れにも作業にも、お茶にもご飯にもとーっても快適なカフェでした。

下北沢に行くことがあれば、ぜひお立ち寄りくださいませ。

店舗概要

下北沢駅。西口徒歩2分。

住所:東京都世田谷区北沢2-26-6 モンブランビル2階
電話番号:03-3468-2200
営業時間:12:00~23:00(定休日なし)

母ちゃん

子連れもウェルカムなカフェだけど、おむつ替えの台はないので、自分でトイレに行ける子連れがベターかと思います。