マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

鍋を焦がしたときは、すぐに〇〇を入れて煮る!


お鍋でチャイを作りながら、ぐずる息子の相手をしておりましたら・・・

存在を忘れ・・・

ぷすぷす言い始めたクレームも聞こえず・・・

久しぶりにやっちゃいました。

2017-03-26 15.09.00

※最初の段階はもっとひどかったけど、写真を取り忘れたので、これでも大分回復期。奥の方は若干綺麗にした後。

でも、家はこげなかったからギリギリセーフ!

いやね、以前うちの下の人が、圧力鍋を焦がして夜中に火災報知器が鳴って、消防車が大量にくるっていう事件があったので、「鍋が焦げる=消防車=火事」なイメージが刷り込まれちゃったんです。笑

だから、鍋は焦げたけど、火災報知器もならなかったし、家も無事だからセーフ!

だと思えば、心も楽だし。

そして焦らずに、ざっとだけ洗い流して、鍋に〇〇とたっぷりめの水を入れたら、しばらくぐつぐつするだけ。

沸騰して10分くらいぐつぐつしたら火を止めて、自然に冷めるのを待ったら、あとは軽くスポンジやたわしでこすれば綺麗になります。

2017-03-26 15.12.14
※スポンジでゴシゴシした後。

ね、簡単でしょ??

これだとステンレスと違って、ステンレスたわしでごしごしできない琺瑯の鍋なども安心です。

〇〇って一体何??

〇〇っていうのは、ベーキングソーダ。

重曹ともいいます。

色んな掃除にも使える万能選手なので、ぜひ台所や洗面所に常備しておくといいですよ!

みんな食品添加物とは書いてあるけれど、カップケーキなどを膨らます際に使うものは、掃除用とは別なものの方が私はオススメです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします