【防災対策】災害があっても慌てない!モバイルバッテリーセットを作っておこう!

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセット

母ちゃん

こんにちは!防災対策にめちゃくちゃハマっている5児母のクレイジー母ちゃん@Bousaimam5です。

先日の台風19号を経て、わが家でも非常用持ち出し袋の内容を見直しています。

その中でも、現代生活には欠かせない防災グッズといえば、モバイルバッテリーですよね。

でも、せっかくモバイルバッテリーはリュックに入れたけど、ケーブルが入ってなかった…なんていう事態もちょくちょくあるようです。

今回は避難所でのリアルな声も参考にして作ったわが家の充電器セット、ご紹介します!

【防災対策】災害があっても慌てない!モバイルバッテリーセットを作っておこう!

充電器は4点セットで準備がマル!

4点セットの内容は、

☑︎モバイルバッテリー(充電器本体)
☑︎コード2本
☑︎ACアダプター
☑︎たこ足(分岐用タップ)

⇨これらをまとめて防水袋へ入れておくと、雨の中の避難でリュックが濡れてしまっても安心です。

モバイルバッテリーはスマホ充電1〜3回分

防災用に用意するモバイルバッテリーはどれを用意すべきか迷いますよね…

私もかなり迷いましたが、非常用持ち出し袋に入れることを前提に考えた場合、スペース的な問題と重さのふたつの問題があります。

また、日常的には使わないので価格もできれば安価なものがいいですよね。

そんな時に出会ったのが、ダイソーの500円充電器です。

防災用に買ったダイソーの500円モバイルバッテリー

母ちゃん

確かにコスパはいいですが、これだと容量が3,000mAhしかないのでスマホは1回しか充電できないんです。泣

同じくらいのサイズで容量が倍以上のものもたくさんあるので、非常時の安心のためなら2000円くらいで容量が10,000mAh程度のものを買っておくと、スマホの充電を2〜3回くらいできるので安心感がありますよね。

これとか、サイズも容量も価格も手頃で良さそうです。

ちなみに、私は日常的に超軽量のモバイルバッテリーを持ち歩いています。

母ちゃん

「紙を持ち歩いているくらいの軽さ」と言いたくなるくらいの、超軽量、超小型のモバイルバッテリーなので、持ち歩いていて全く負担になりません!これは本当におすすめです!

コード2本

充電器セットに、コードは2本入れておきます。

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセットにケーブルは2本入れる

①スマホにつなぐためのコード

iPhone,Androidなど、自分のスマホに対応できるコードを1本入れておきます。

②ACアダプターにつなぐためのコード

避難所などの生活でも、停電していなければ電気は使うことができるかもしれません。

モバイルバッテリーは使い切ってしまえばそれで終わり。

終わりにしないためにも、充電ができるようにACアダプターと充電器をつなぐためのコードも用意しておきましょう。

母ちゃん

私も以前はモバイルバッテリーからスマホに充電することしか頭になくて、iPhoneにつなぐためのケーブルしか入っていませんでした。でも、このコードしかないと充電器を充電することはできない…と気づいてショックでした。

ACアダプター

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセットにACアダプターもお忘れずに!

モバイルバッテリーを充電するときの根元の部分です。

もちろんスマホを直接充電することもできます!

母ちゃん

万が一電源から離れることがあったときのリスクを考えると、選択肢は色々持っておくと安心ですね。余裕があったら延長コードも入れておくと良いかもしれません。

たこ足(分岐タップ)

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセットにはたこ足(分岐タップ)も入れておくと安心

停電はしてないからスマホやモバイルバッテリーを充電できるはずけど、電源を占拠してる人がいて…

というのは、避難所ではよくみられる光景だそうです。

母ちゃん

誰かが使っている電源を「貸してください」というのは言いにくくても、「一緒に使ってもいいですか?」なら言いやすいですよね。

そのためにも、たこ足が作れる分岐タップを用意しておきましょう。

おまけ:マイク付きイヤホン

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセットにイヤホンも

私は日常的にイヤホンを使うことがほとんどないので、充電器セットの中にイヤホンも入れてあります。

「避難所で動画の情報をみたかったけど、ラジオを聞きたかったけど、イヤホンがなくて聞けなかった」

という声をちらほら聞きます。

母ちゃん

みんなが同じことを知りたいわけじゃないですもんね。

イヤホンもセットに入れておくとより安心かと思います。

セットは必ず防水の袋に

防災用の非常持ち出し袋に入れておくモバイルバッテリーセット

モバイルバッテリーなどの電子機器は雨に濡れてしまうと壊れる可能性が高いです。

ACアダプターなども水が入り込むと、完全に乾くまで使うことができないので、4点セットは必ず防水の袋に入れておきましょう。

母ちゃん

ジップロックなどの袋に入れておくと、さっと取り出して使いやすいのでおすすめです!

モバイルバッテリーは、何種類か持っておくと安心

今回は防災用の非常用持ち出し袋に入れておく充電器の4点セットについて書きましたが、モバイルバッテリーは何種類か持っておくと安心です。

わが家では、

☑︎非常用持ち出し袋用(3000mAh)×2セット
☑︎日常的に持ち歩く超軽量(2500mAh)(わたし用)
☑︎日常的に持ち歩く中容量(5200mAh)×2つ(夫用)
☑︎予備の無印モバイルバッテリー(3100mAh)
☑︎まぁまぁ大容量(10000mAh)
☑︎パソコン(MacBook)も充電できる大容量(26800mAh)
☑︎ソーラー発電用のパネル

を持っていますが、イザという時のことを考えるとまだ足りないかな〜と思うので、

今は、マキタの充電池をモバイルバッテリー代わりに使える変換アダプターポータブル電源の購入も現在検討中です。

こちらはまた詳しく書きますね!

母ちゃん

では今日も少しずつ少しずつ、いざというときのための準備、進めていきましょう!