マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

その生理痛の原因は瘀血かも。慢性症状を引き起こす現代病の瘀血とは?

生理痛


母ちゃん

5児の母ちゃんのたかなです。

わが家では体の調子を整えるために、毎日漢方を飲んでいます。

そんな中で知った瘀血という症状。

油断していると重篤な症状も引き起こします。

生理痛の内に改善できるといいですね。

瘀血(おけつ)とは?

中医学において瘀血とは、血流の滞りやそれが原因で起こる様々な症状や疾病のことを指します。血液の質や血管の状態があまり良くないため、血液の循環が悪くなっています。

瘀血で起こりやすい症状

  • 肩こり、五十肩
  • 頭痛
  • 腹痛、胃痛
  • 冷え性
  • 肌がくすむ
  • シミ(肝斑)、ソバカス
  • 傷跡やあざが消えにくい

女性特有の起こりやすい症状

  • 月経痛
  • 不妊症
  • 子宮筋腫
  • 多膿疱性卵巣症候群
  • 子宮内膜症

瘀血の原因

本来はややアルカリ性である体内のphバランスが崩れて体内が酸性になると、瘀血の症状がでやすくなります。

体内が酸性に傾く要因

  • 酸性化する食べ物(白砂糖など)の摂取
  • 酸性の化学物質(解熱鎮痛剤など)の摂取
多くの場合、複数の要因が複合的に重なっています。

たとえば、チョコ(白砂糖)の食べ過ぎでひどくなった生理痛を解熱鎮痛剤で止め、痛みが止まったのでまたチョコ(白砂糖)を食べ続けるなどというケースです。

仕事帰りにコンビニでちょっとしたおやつを買ってつまむ。
そんな習慣は、若い女性だけではなく、意外と男性にも多いですよね。

こういった生活を続けていると、子宮筋腫・卵巣嚢腫などの深刻な病気になるリスクが高まります。

瘀血の改善方法

  • 白砂糖などの体を酸性化する食べ物や薬の摂取を控える
  • 冷たいものを控える
  • 適度な運動をする
  • 長い時間、同じ姿勢でいない
  • タバコは吸わない
  • 味付けは薄めにする

駆瘀血剤(漢方薬)で改善する

体を酸性にするものを控えたり、運動して血行をよくしていくのが一番なのですが、白砂糖の中毒などの負のループに入ると、なかなかそれも難しいことがあります。そのため、自助努力の心強いサポーターとして漢方薬である駆瘀血剤(くおけつざい)を使うというのは、続けやすいので効果が出やすくなります。

瘀血の改善によく使われる漢方薬

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):婦人科疾患や皮膚疾患、循環器疾患、ストレス性疾患などにも使われる
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう):便秘、のぼせ、不眠、不安、興奮などを伴う疾患に有効で、便秘への効果は特に高い
注意
駆瘀血剤(くおけつざい)と呼ばれる、瘀血を改善するための漢方薬を飲む方法ですが、これらの漢方薬は早産を引き起こす可能性があります。そのため、血流をよくするべき妊活にはおすすめですが、妊娠がわかったらすぐに使用をやめてください。

まとめ

母ちゃん

わたしは妊娠中に軽い便秘症状があったとき、「便秘によく効く薬があるんだけど、早産のリスクが高まるから使えないんだよ」と先生に教えられ、妊娠中は使えないものが色々とあることを学びました。

漢方薬は体を整えるのにとても役立ちますが、効果的だからこそリスクもあります。

どんどん学んで、今の自分に一番良いものを選び取れるようになりたいものです。

みかんの皮が薬に!?冷え性によく効く陳皮の作り方
目の下のくまの原因と解決策
目の下のくまの原因は知ってる?改善策を原因別に調べてみたよ
RIZAP 無料カウンセリングレビュー・口コミ
夫がRIZAP(ライザップ)無料カウンセリングに行ってきたよ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします