マクロビ講師の母ちゃんによるシンプルなくらしとこそだて

簡単りんごケーキの作り方:乳製品、卵、砂糖不使用のマクロビ仕様


母ちゃん

子どもがいると、いかに簡単に満足度の高いおやつを作るか、日々頭を悩ませますよね。凝ったものを作る余裕はないし、かといってなんでも買ってきて「はい」と済ませるわけにもいきません。
ある程度腹持ちの満足度も求める子どもに渡すおやつは、食べ応えも必要だから、量もそれなりです。

だから、
買うよりも作った方が、安くて美味しくて簡単!
というレシピをたくさん知ってさえいれば、子育てが楽になりますよ。

所要時間:10分(焼き時間除く)

冷蔵保存:2〜3日

必要なもの

野田琺瑯 レクタングル深型M 1個分(20×13×7センチ)
普通のケーキ用の四角い型とか、グラタン用などの少し深めのオーブン皿とかでもOK。

A

  • 薄力粉:60g
  • ベーキングパウダー(アルミニウム不使用):小さじ1
  • 塩:少々
  • B

  • 有機豆乳無調整:100g(約1/2カップ強)
  • なたねサラダ油:45ml(大さじ3)
  • C

  • できるだけ無農薬りんご:2個
  • 下準備

  • りんごは綺麗に洗って、皮付きのまま8等分の櫛形切りに。

    それをさらに2,3等分ずつに切り、一口サイズにしておく。

  • 無農薬ではない場合は皮をむくか、塩水や重曹水にしばらくつけておき、できるだけ農薬やワックス成分を流した上で、皮付きのままカット。
  • オーブンは180度に余熱しておく。
  • 型に薄く油(分量外)を塗っておくか、オーブンシートなどを敷いておく。
  • レシピ(作り方)

    STEP1:AとBをそれぞれのボウルで混ぜる

    AとBの材料をそれぞれ別のボウルに入れ、泡立て器でぐるぐるとしっかり混ぜます。

    POINT
    Bは軽く泡立つくらいまで混ぜると生地が硬くなりにくいです。

    STEP2:AとBを混ぜ合わせる

    BのボウルにAを加え、泡立て器でぐるぐるしっかりと混ぜ合わせます。

    POINT
    水分が多めでダマになりやすいので、ゴムベラではなくて、泡立て器でダマがなくなるまでしっかりとぐるぐる。

    STEP3:型に生地とりんごを入れる

    型にSTEP2の生地を流し入れ、上にりんごを適当に乗せていきます。
    りんごケーキ

    POINT
    綺麗にとか、並べてとかじゃなくて、ぽんぽんと適当に乗せていきます。
    型からもあふれちゃうと思いますが、焼いたら縮むので、溢れるくらいでちょうどいいです。

    STEP4:180度のオーブンで40〜45分焼く

    180度に余熱をしたオーブンで、40〜45分焼きます。

    mujiさん(@muji_seikatsu)がシェアした投稿

    りんごがしゅわしゅわしてきたら、できあがり!

    粗熱が取れたら、すぐ食べられます!
    と言いたいところですが、冷蔵庫で冷やして、翌日食べるとしっとり美味しいのでおすすめです。

    でももちろん、待てないお口が隣にいるときは、すぐにどうぞ。
    熱々はまた違った食感で美味しいですよ!

    ただし、りんごからじゅわっとあふれてくる果汁でのやけどにくれぐれもご注意を。

    母ちゃん

    これは、型からスプーンでざくっとすくって、蕎麦猪口に入れたもの。
    りんごのシャキシャキ感がそれなりに残っていて、食べ応えがあるから、少量でも満足できます。

    私は蒸し煮りんごが好きなのですが、それだとスルスル食べちゃって、りんご1個分なんてぺろっとなくなっちゃいます。笑
    やっぱり食感っていうのは大切ですね。

    毎日の食事でも、材料のバリエーションと同じくらい、食感のバリエーションも考慮できると満足度アップしますよ。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします